老舗佐野ラーメンの意外な餃子

 本日は久しぶりにラーメンのメッカ・佐野である。去年あまりいいことがなかった彦作村長は、思い立って、関東三大師・佐野厄除け大師で、厄払いしてもらうことにした。3連休最後の日。一月中は初春厄払い月間で、遅い初詣を兼ねた参拝客でにぎわっていた。手を合わせて、厄払いしてもらうと身も心もすっきりするから不思議である。で、本来の目的である「うまいラーメン屋探し」に繰り出した。

            岡崎麵12 
            お掃除小僧

ポンコツ車を9号線沿いにぷかぷか走らせると、黄色いビルが見えて、駐車場は満杯、さらに店の中には何人か佇んでいた。かなりの人気店で、創業が昭和47年(1972年)という「岡崎麵」だった。時刻は午後1時15分。15分ほど待って、厨房に面した5席ほどのカウンター席に案内された。他に4人用テーブルが三つ、小上がりの座敷もあり、そこにはテーブルが二つ。目を引くのは厨房の広さだった。白タオルを頭に巻いた男性が3人、麺づくり、餃子づくりと忙しそうに働いていた。ひょっとして家族経営かもしれない。

            岡崎麵① 
            岡崎麵の黄色
            岡崎麵② 
            どれにしようか?

メニューから「ラーメン」(600円)、それに餃子(5個350円)も頼んだ。村民2号も同じものを頼んだ。麵は佐野ラーメンの特徴でもある青竹手打ち麺で自家製、餃子も皮から手づくりしていた。これは期待できるかも。まず「ラーメン」がやってきた。昔ながらの小さめのどんぶりで、佐野特有の透明なスープ、チャーシュー、メンマ、刻みネギ、それにナルトが乗っていた。スープが少なめなのとチャーシューが薄いのが気になったが、正統派の佐野ラーメンといったところか。

            岡崎麵③ 
            ラーメン登場
            岡崎麵⑨ 
            餃子も登場

続いて餃子もやってきた。叶姉妹のようなグラマラスなボディーから「旨いぞウフフ光線」を放っていた。まずは、ラーメン。スープをひと口。基本はやや甘めの鶏ガラ醤油スープで、そこに豚骨とラードの匂いがぷんと漂った。ややくせのあるスープ。麺は細めの平縮れ麺で、よく見ると太さがまちまち。それが返って手打ち感を強調していて、いい感じである。

            岡崎麵⑤ 
            麵がいい
            岡崎麵⑦ 
            チャーシューは薄い

麵はコシがあり、つるりとした食感。スープもよくからまり、食べやすい。
「旨いわ。上等のチキンラーメンみたい」
村民2号が辛口なのか甘口なのかわからない表現で寸評した。
「麵が細いのにコシがしっかりしていて、レベルが高い。でも、チャーシューがイマイチだな。もっと厚みが欲しい」

            岡崎麵10 
            圧巻の餃子さま
            岡崎麵13 
            ま、ひと口

「餃子が秀逸ね。外側の焼き面がパリッとしていて、中のあんは野菜と挽き肉がちょうどいい具合で、とてもジューシー」
「冷凍はせずに、すべて手作りでその日限りで作っているようだ。ニンニクも効いている。旨いはずだ」
「ラーメンより餃子の店って感じ」
「200店ある佐野ラーメン店の中でもここは古い店で、メディアにもよく取り上げられるようだ」
「あれっ、村長のポリシーに反するんじゃ?」
「今回は人の行く表にも道あり花の山、になってしまったかな」
「もう一度、佐野厄除け大師に行きましょ」
「・・・・・」


本日の大金言。

佐野ラーメンには餃子の旨い店が意外と多い。餃子の街・宇都宮より首都圏に近い餃子の街。




                       岡崎麵11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR