「足尾から来た女」と「豚バラ丼」

2回に渡って放送された NHK土曜ドラマ「足尾から来た女」を見て、感動した彦作村長は、思い立ってその舞台になった渡良瀬川沿いに広がる渡良瀬遊水地(旧谷中村)へとポンコツ車を飛ばした。埼玉、栃木、群馬、茨城4県にまたがる県境に位置する渡良瀬遊水地は、今ではハート形の谷中湖が青々と輝き、野鳥の生息地として絶景のロケーションを誇る場所となっている。明治30年代にここが足尾銅山鉱毒事件の舞台になったとは思えない。だが、現在の福島第二原発事故そのままの構図が、明治の日本にも起きていたことはしっかりと記憶に刻みたい。

           いな穂 
           「道の駅 北川辺」のレストラン

彦作村長は、途方もなく広がる青空の下、遠くに男体山や赤城山、さらには視線を動かすと富士山まで見渡せる場所で、ふと昼飯を食べていなかったことを思い出した。この変わり身の速さはほとんどビョーキである。腹が減っては戦が出来ぬ、などと自己弁明しながら、すぐ近くの「道の駅 北川辺」へとポンコツ車を滑らせた。北川辺はブランド米「北川辺産コシヒカリ」の産地で、道の駅の中にある「レストラン いな穂」は行列のできる農村レストランとして知る人ぞ知る場所である。

            いな穂③ 
            メニューの豊富さに驚く
            いな穂④ 
            コシヒカリの垂れ幕

実演付きの手打ちそばが人気だが、メニューが豊富で、「なまず天重」などというレアなものまである。彦作村長は、迷った末に「豚バラ丼」(600円)を選んで、自販機のボタンを押した。那須郡司牧場の豚肉を使い、ご飯は北川辺産コシヒカリという豪華版。広くて天井の高いウッディーな空間で、平日の午後1時半過ぎなのに、7~8人ほど中高年客が食事をしていた。村長は自分でお茶を入れ、10分ほど待っていると、「豚バラ丼の方~」と呼ばれた。

           いな穂⑦ 
           土俵入り

お盆に乗った「豚バラ丼」は飴色の旨そうな豚バラが10枚くらい折り重なるように乗っかっていた。その上に紅ショウガ。下には千切りキャベツが敷かれている。これぞB級というドンブリだった。みそ汁とお新香付き。手づくり感十分の田舎みそのみそ汁をひと口すすってから、主役の豚バラ丼を攻略にかかった。豚バラ肉は柔らかく、脂身はきれい。甘辛醤油ダレがかなり甘め。好みの問題だが、みりんと砂糖が村長には多すぎると思った。もう一つの「塩豚バラ丼」にすればよかった、と少々後悔。

            いな穂⑨ 
            甘めの豚バラ
            1いな穂1 
            まずはひと口

期待していた北川辺産コシヒカリは、旨いには旨いが、期待値が高かった分、80%の満足度。豚バラの甘さをどうにかできないものかと、備え付けの七味唐辛子をパラパラとかけてみた。これがうまく行った。味が締まり、茫洋としていた豚バラ丼がキュートに締まった。紅ショウガとおしんこがいいアクセントになる。全体のボリュームもほどよい。食べ終わった後、B級の温もりと満足感が胃袋から立ち上がってくるようだった。

           いな穂10  
           地産地消?

ツマヨウジでシーシーしていると、「この幸せモンめ、おまえらがこうしていられるのも、わしらのおかげだぞ」という叫び声が上の方から聞こえた。天国の田中正三翁の姿がちらと見えた。そんな気がするのだった。


本日の大金言。

食べ終えたらドンブリの底をじっと見る。ドンブリの底には人間の営みが隠れている。そこまでに至る長い長い人類の営み。




                        いな穂13 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR