東京駅の孤独なB級ドッグ

 テレビCM界の天皇と言われた人のお墓参りの帰り、久しぶりに東京駅ナカをウロウロした。数年前とは驚くべき変貌である。まるで巨大なデパ地下のようで、浅草の東京ソラマチにしても、この手の365日カーニバル的な店舗展開が今の流れのようだ。テレビをひねっても躁状態。一年中躁状態を演出していて大丈夫か? やや躁鬱傾向のある彦作村長にとっては嫌いな世界ではないとはいうものの、反動が気になる。ノースコーストのレストラン街で美味いもの探しをしていると、「ホットドッグの進化系 東京スタイル」というくすぐるようなポスターが目に入った。客がひっきりなしに押し寄せている。「東京DOG」という店だった。

           東京ドッグ13 
           シャレた店構え

調べてみたら、JR東日本の子会社が3年前に始めたテイクアウトもできるホットドッグの専門店で、ちょっとしたイートコーナーもある。「ローストビーフ」とか「海老とアボカド」などいろんな種類のホットドッグが並べられていた。村長は比較的安い「十文字鶏の唐揚ドッグ」(390円)を頼むことにした。人気ナンバー3と表示されている。このドッグだけ「東京駅」と焼き印されていたのも気に入った。小腹を満たすのにちょうどいい量。紅茶(プラス150円)も注文。

           東京ドッグ11
            東京駅の新名物?
           東京ドッグ③ 
           焼き印がいい

ほとんど待たずに、透明なパック包装で人気ナンバー3のホットドッグが手渡された。コンビニ感覚。「冷めても柔らかい」という岩手県産のブランド鶏の唐揚げが5個。パンは胚芽パンで、レタスとホワイトマヨネーズが敷かれていた。唐揚げには甘辛ダレがかかっていた。観光客らしい家族連れが休憩していたり、旅行客やビジネスマンも行き来している中、簡素なテーブルに座って、人気ナンバー3をパクつくことにした。この孤独感がいい。

            東京ドッグ④ 
            小腹にいいボリューム
            東京ドッグ⑦ 
            冷めても美味い?

パンは予想よりもしっとりとしていて柔らかい。十文字鶏の唐揚げは悪くはないが、想像通りの味。確かに冷めても柔らかいが、冷めても美味いとは表示してないのだから、嘘はついていない。昔のコンビニのレベル。冷たい唐揚げはいただけない。せめて温めてから出すべきだろう。むろん、冷めた料理が好きな人もいるので、それは好みの問題でもある。とはいえ、「ホットドッグの進化系 東京スタイル」というより「ホットドッグの退化系 東京スタイル」と言いたくなる。

だが、このあまりにB級のドッグが、次第に村長の心に化学反応を起こし始めた。この冷めた現実から立ち上がってくるリトル彦作の姿が見えてきた。雑踏の中の孤独なグルメによって、予想外の感情がわき起こってきたのだ。寒風の中で、胸の中のリトル彦作がこう言うのだった。

「情けない。おまえがボクの未来の姿だなんてガッカリだよ。いい気になってるんじゃねえよ。冷めたホットドッグだって、食べれるだけいいじゃないか。第一、そこそこ美味いんだろ? 値段を300円くらいにしてほしいというならわかるけど、ああ情けねー」
何ということだ。この感情のリセットこそが東京DOGの新しいスタイルなのか。東京DOG、恐るべし・・・。


本日の大金言。

東京駅ナカには夢と失望とビジネスが埋まっている。仮想と現実が交差する何者でもない場所で、自己確認するのもたまにはいい。





                      東京ドッグ10 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR