三ノ輪の豆大福で「生きている」

☆本日の苦い前菜
何ということだ。本日は東日本大震災から3年経った日。被災地、特に福島第一原発を巡る状況はどんどんひどくなっているのではないか。「状況はコントロールされている」は「情報はコントロールされつつある」で、「福島の復興無くして、日本の復興はない」は「福島の復興は無くして、アベノニホンの復興を急ぐ」としか思えない。どうやら安倍首相は3.11をなかったものにしたいようだ。巧言令色鮮なし仁。原発事故を予言していた恐るべき詩人、若松丈太郎の詩集を読む。心が洗われる。目が開かれる。ジーコのキラーパス。しばし瞑目してから、メーンディッシュに移ることにしよう。深呼吸108回。

☆甘いメーンディッシュ
東京・三ノ輪「花月堂本店」の「豆大福」(こしあん 189円)と「黒豆大福」(189円)、それに「あわ大福」(189円)。「花月堂本店」の豆大福は、彦作村長が賞味した中では護国寺「群林堂」や原宿「瑞穂」に匹敵する美味さだと思う。明治4年(1871年)神田で創業。明治44年(1911年)に現在の三ノ輪に移転という老舗和菓子屋。約3年ぶりの訪問。女将さんに「本日中にお召し上がりください」と念押しされ、近くの喫茶店で作りたてを賞味することにした。夜は飲み会なので、「豆大福」(こしあん)だけを賞味して、残りはウマズイめんくい村へ手土産にすることにした。

           花月堂④ 
           花月堂本店(東京・三ノ輪)
           花月堂① 
           これこれ

豆大福(こしあん)は、大ぶりで、片栗粉がたっぷりと付いている。見た目のどっしり感がいい。富山産のもち米を毎日杵でついているというだけあって、餅の柔らかさと力強い伸びが半端ではない。粒あんはこれまで何度か食べているが、村長はこのこしあんが特別に好きである。甘さは抑え目。塩加減が絶妙で、雑味のないきれいな味わい。十勝産小豆のさわやかな風味。それが口中に春の予感のようにふわっと広がる。

           花月堂  
          急いで食べよ
          花月堂⑥ 
          豆大福(こしあん)
          花月堂⑧ 
          この絶妙

赤えんどう豆は固めできりっとしている。喫茶店でこっそり食べると、美味が倍加するような気がする。改めて生きている実感。ただ、無添加だが、トレハロースを使っている。それが何故なのか、これほどの店なのに村長にとっては謎である。

          花月堂② 
          こちらは黒豆大福
          花月堂④ 
          粒あんと丹波黒豆

飲み会ではしご酒となり、帰りが終電になってしまったので、「黒豆大福」と「あわ大福」は翌朝の賞味となった。「あわ大福」はすっかり固くなっていた。涙。「黒豆大福」はちょっぴり固くなっていたが、何とか大丈夫だった。赤えんどうではなく、より大きい丹波産の黒豆を使用。あんは粒あんで、塩気がいい塩梅。固めの黒豆のいい風味が餅と十勝産小豆と絶妙な三角関係を作っている。これはこれで美味。賞味後、ここの豆大福はやはり「本日中」に食べるべきものと反省。

☆デザート
3月15日(土)、日本ペンクラブの共催で「脱原発を考えるペンクラブの集い パート4」が東京・神田神保町の専修大学神田校舎303教室で開かれる。14時~17時。中村敦夫さんの司会で、菅直人元首相が当時の切羽詰まった状況を当事者として話す。巧言令色(?)の元首相の話をどう聞くか。参加無料、500名先着順とのこと。


本日の大金言。

「花月堂本店」が神田で産声を上げた明治4年は廃藩置県があった年。それから約143年。「原発の上の繁栄」に本当に未来はあるのか?福島はすぐ隣にある。




                  花月堂⑦ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR