和牛ともち豚の恋愛カルビ丼

 「何か美味いものはないかいな」
鼻をひくひくさせて、東京・上野御徒町界隈をブラ歩きしていると、派手という言葉を通り越して、あきれるほどの異次元感を漂わせる店が村長の視界に飛び込んできた。りそな銀行を横に入ったところ。赤を基調にして、何やら昭和レトロ風の、巨大な赤ちゃんの人形が入り口にドンと置いてある。「北海道マルハ酒場」という店名。「カルビ丼」のメニューが満艦飾風に置いてある。どこか山上たつひこの「がきデカ」の世界のよう。

           マルハ酒場① 
           不思議な店構え

今どきのウケ狙いであることは明らかだが、東京の感覚とはどこか違うその外観に惹かれて、オモロイもの好きの村長は足を踏み入れた。時刻は午後3時過ぎ。調べてみたら、この店は北海道・札幌に本店があり、行列のできる店として、地元では有名な店だった。この御徒町店は東京進出の第1号店だった。食材はすべて北海道から直送、和牛ともち豚、それに米も北海道産米を使うという徹底ぶりで、B級の雰囲気ながら、かなりのこだわりぶりが見て取れた。

           マルハ酒場11 
           カルビ丼メニュー

村長はメニューの中から、和牛のカルビともち豚の両方を味わえる「合盛カルビ丼」(並650円)を選んだ。サッポロ生ビール(300円)、ホッピーセット(300円)などアルコール類や魚介類のメニューもそれなりに充実していて、村長に流し目を送ってきたが、夜は宴会が控えているので、ここはガマンガマン。

テーブルが8つほどあり、奥が厨房になっていた。そこから肉を焼くいい匂いが漂ってきた。待ち時間は10分ほど。黒いどんぶりに乗った「合盛カルビ丼」は網焼きした焦げめ周辺からジュワジュワとうまそう光線を発していた。牛カルビともち豚カルビが半々で、ドンブリを覆い尽くしていた。村長は新橋の「豚大学」を思い出した。だが、ここは北海道産和牛が中心。万能ねぎと白ゴマが点々としていて、その下のご飯は見えない。自家製キムチとみそ汁が控えている。

          マルハ酒場③ 
          おおっ、来た来た

タレは甘だれで、牛カルビはやや薄切りだが、いい噛みごたえがある。ご飯はかなり固めに炊かれていて、それがほどよくかかったタレとよく合っている。牛カルビの方が人気のようだが、村長はもち豚の柔らかさが気に入った。もっちりした歯ごたえと甘い肉汁感。もち豚とはよく命名したものだ。牛カルビともち豚カルビの恋愛は順調のようだ。

           マルハ酒場④ 
           カルビ恋愛の行方
           マルハ酒場⑤ 
           牛カルビ
           マルハ酒場⑥ 
           もち豚カルビ
           マルハ酒場⑦ 
           キムチの横恋慕

途中でキムチを乗せると、これがさらにパワーアップした。キムチはやや甘めながら果物の風味が漂う本格的なもの。二つの味プラスもう一つの味を楽しめるのは悪いことではない。ご飯の量はそれほど多くない。食欲の旺盛な人は並より大を頼んだ方がいいかもしれない。

上野界隈にB級ムード全開の、こだわりのドンブリ店が誕生したことをひそかに喜びながら、村長は上野動物園のパンダが交尾するかどうかが気になった。もし赤ちゃんが誕生すれば、上野界隈はさらに盛り上がる。シンシン、リーリー、合盛カルビ丼のように頑張れ! 動物園に向かって、村長は訳のわからない念を送るのだった。


本日の大金言。

マルハニチロとは無関係のマルハ酒場。店主がサーフィン好きでマル波→マルハとなったそう。スープカレーに続く新しい波となれるか、カルビ丼の未来はパンダの交尾にかかっているかもしれない。




                       マルハ酒場⑨ 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR