桃娘のち隠れ名店のカレスパ

 天候に恵まれた3連休が終わった。彦作村長は初日は音楽と読書三昧、2日目はメディア関係の友人らと北千住居酒屋ツアーを実施、「天七」や「やすらぎ」などを巡り歩き、途中で酔っぱらい過ぎて銭湯には入りそびれたものの楽しいツアーとなった。3日目は茨城・古河市の「桃まつり」にポンコツ車を飛ばした。その古河市で、「七福カレー海鮮スパゲティ」なる逸品と出会った。本日、まな板に乗っけるのはその「カレスパ」である。

           古河② 
           二分咲き
           古河① 
           ムムム・・・桃むすめ(茨城・古河公園)

「桃まつり」で、2分咲きの桃の花を観賞した足で、ウマズイめんくい村の怪しい一行は、古河で売り出し中の「七福カレーめん」を賞味しようと思った。市内には23店が古河市の唐辛子を使ったラーメン、そば、うどん、スパゲティをオリジナルメニューにしている。村長はどこにしようか迷った。駅の案内所のパンフレットを穴の開くほど見つめ、その中の一軒「陶板料理 若草」に絞った。店構えの良さと、「七福カレー海鮮スパゲティ」にビビビとくるものがあったからである。直感は当たるか?

           若草①  
           「若草」の佇まい
           若草⑤ 
           いい雰囲気である

市内旭町の通り沿いに「七福カレーめん」の幟と若草色の暖簾が下がった「陶板料理 若草」が見えた。創業41年。店主は西洋料理のコック修業をしてから、和のテイストも加えたこの店を開いたという。カレーとスパゲティを融合させたのは古河でもここだけである。店内はカウンターとテーブル席、それに座敷もある。「串かつ定食」(720円)、「かつ重」(620円)「ハンバーグ定食」(880円)などなど年季の入った木札のメニュ-が、この店の実力を物語っていた。

           若草⑥  
           逸品登場

こげ茶の木のカウンター席に腰を下ろしてから、村長は「七福カレー海鮮スパゲティ」(630円)を注文、村民2号は「定食 鮪のフライとマカロニハンガーグ」(600円)を頼んだ。まず、値段の安さに軽く驚く。注文してから作り始めるようで、奥の厨房からいい匂いが流れてくる。待つこと12~3分ほど、白い磁器皿に盛られた「カレスパ」が登場した。村長はこれまで町おこしのカレー焼きそばやその類を何度か賞味しているが、ここの「カレスパ」は「修業した年季が違うぜよ」光線を放っていた。当たりかハズレか?

まずはひと口。スパゲティは特注で、やや太め。その上のカレーは、鶏ガラをじっくり煮込んだ出汁で作られたもの。イカ、エビ、ホタテ、タマネギ、ピーマン、人参、シイタケ、レンコン・・・合計7~8種の具がドカドカと煮込まれていた。辛さは「普通」をお願いしたため、最初のアタックは濃厚な、やや甘め印象だった。その4~5秒後にスパイスが立ち上がってきた。スパゲティはもっちりしていて、鶏ガラの隠し味の効いたルーがよく絡む。「洋食41年」の店主の腕はダテではなかった。魚介類も野菜も鮮度の良さがわかる。美味。

          若草⑦   
          コック暦41年の腕
           若草⑧ 
          海鮮と地場野菜がドカドカ
          若草12 
           ルーがよく絡む

「野菜は実家で作ったものを使ってるんですよ」
と明るい女将さん。夜も来たくなった。

「この値段でこの味はちょっと驚きね。カレスパもいいけど、私のマグロのフライとマカロニハンバーグも美味しい。東京だったら倍の値段は取れる内容だわ
と村民2号。
「こういう安くて美味い、隠れた本物を発見するのがウマズイめんくい村の役目でもある。今日は桃娘とも会えたし、いい一日だったよ」
と村長。
「一生分のツキを使い果たしたかもよ」
「ももヒザ三年、尻八年だな」
「なにそれ?桃栗三年柿八年じゃないの?」
「銀座でも浮名を流した吉行淳之介の言葉だよ。さり気なく触るにもそのくらいの年季がいる。何事にも修業が必要、という意味だよ」
「・・・・・・」


本日の大金言。

桃栗三年柿八年。ももヒザ三年尻八年。もも胸三年腹八年。結婚してから体形が崩れるまでの時間・・・おおっと危ない。





                      若草⑨ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR