「100%玄米トースト」の味

 東京・北千住をブラ歩きしすぎて、ふと「珈琲物語」で休憩したくなった。腕時計を見ると、午後3時過ぎ。ここでコーヒーを飲みながらトーストを食べる、というのが北千住ツウの楽しみの一つでもある。「ゲット・ラッキー」を懲りずに口ずさみながら、サンロード商店街を「珈琲物語」のある横道に入ると、「玄米トースト 400円」という黒いスタンド看板が視界に飛び込んできた。前面がガラス張りになっていて、オーガニックムード満点のカフェ「フェニックス」という店名が見えた。比較的新しい店のようだ。方針転換、ゲット・ラッキーか?

           フェニクス① 
           ふむふむ
           フェニックス③  
           カフェフェニックス

店内はクラシックが流れ、油絵がポイントポイントに飾られ、ゆったりとした空間と時間が流れていた。心が休まる気配。コーヒーのマイスターがいて、飲み物から食事までかなりオーガニックなこだわりを持っていることがわかる。せかせかした村長にはやや苦手な世界。メニューの中から「玄米トースト」(400円)と「からだにやさしいポタージュ」(250円)を選んだ。セットにすると50円引き。合計600円なり。

           フェニックス①  
           100%玄米トーストとは?

「玄米トースト」は小麦粉、砂糖、卵、牛乳、バターを使用していない100%玄米で作った食パンをトーストしたもの。ここまで徹底した玄米トーストを賞味するのは初めて。村長はかつて「スローヘルス研究会」に所属していたことがあり、玄米中心のマクロビオティック料理はかじったことがある。マズくはないが、ウマくもない。要は体にいい、というポリシーで、値段もやや高め。この店もどうやらその延長線の、今どきの最先端カフェのようだ。

           フェニックス⑤  
           こんがりのいい匂い

10分ほどで、「玄米トースト」とスープがやってきた。トーストは小ぶりが2枚。「オリーブオイル+岩塩」か「ハンガリー産アカシアはちみつ」どちらかを選ぶことができ、村長は迷うことなく「はちみつ」の方を選んだ。よく考えてみると、これで400円というのは安くはない。ブツブツ言いながら、まずはひと口。表面のこんがりと焼けたカリッとした歯触りが悪くない。100%玄米を証明するかのように、ところどころヒビが入っている。そこからいい匂いと風味が漏れてくる。意外にも中がもちもちしていた。玄米はご飯よりもパンの方が美味いかもしれない。ただ一点、これが3枚だったら文句なしなのだが・・・。

           フェニックス⑧ 
           この地割れ具合がいい
           フェニックス⑨ 
           中は意外やもっちり
           フェニックス⑦ 
           マクロビな味?

ハンガリー産アカシアはちみつはきれいな甘さ。もう少し量を増やすか、別の容器に入れて欲しい気もするが、玄米トーストは思っていたほど悪くはない。「からだにやさしいポタージュ」は国産の雑穀類で作られていて、化学調味料も不使用と説明書きしてあった。フツーのうまさ。やさしい味で、やや物足りなく感じるのはこの手のポタージュでは仕方ないところ。全体的に七分の満足度。「今度はぜひこだわりのコーヒーを飲んでくださいね」感じのいい店の女性スタッフの声が耳に残った。ゲット・小ラッキーも悪くはない。


本日の大金言。

添加物や化学調味料を全否定するのはどうかと思うが、それを基本ポリシーにして、よりよい味を追求することはいいことに違いない。もともと日本食は素材の味を生かすことからスタートしているのだから。




                       フェニックス10 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR