恐るべき神保町の究極「ぜんざい」

 久しぶりに東京神田・神保町の「M」の会合に顔を出す。カウンターだけの古い居酒屋だが、ここのママはエンターテインメント新聞社時代にお世話になった作家・早乙女一座のメンバーでもあり、メニューはお世辞にも豊富とは言えないが、不思議に落ち着く場所でもある。ここに立ち寄ったのは、すぐ近くに、甘味処「大丸やき茶房」があるからでもある。今回取り上げるのはこの店。ここはあんこ好きには避けては通れない、ある種のメッカだと思う。恐るべきあんこ。この表現は誇張ではない。

           大丸やき茶房① 
           神保町の奇跡

あの「おいしゅうございます」の料理研究家・岸朝子も推奨している今川焼きのような「大丸やき」(1個180円)がこの店のイチオシだが、村長は、あえて「ぜんざい」(600円)に挑んだ。ここのあんこづくりが半端ではない。北海道産のエリモ小豆を炊いて生餡を作り、それと同量の砂糖を加えて時間をかけて練り上げていく。餡と砂糖を同量使うというだけで、その甘さが想像できると思う。

昭和23年にこの場所に店を開いた。現在は3代目だが、初代は和菓子職人として、明治時代からあんこ作りに励み、その昔ながらの作り方を代々継承している。鍋も道具類も昔ながらのもの。そのためだろう、ここの「ぜんざい」は、普通のぜんざいよりはるかにこってりしている。

          大丸やき茶房2 
          秀逸な入り口
          大丸やき茶房② 
          あんこの最高峰

店先が大丸やきの焼き場になっていて、茶房の入り口には「珈琲・紅茶はお出ししていません」と表記してある。すべて日本茶という徹底ぶり。2人用のテーブルが6つほど。村長はゆっくりと腰を下ろして、「ぜんざい」が来るのを宮本武蔵のような気持ちで待った。12~3分ほどでお盆に乗って小次郎・・・じゃなかった「ぜんざい」がやってきた。煎茶と梅肉がしずしずと従っている。

          ぜんざい① 
          主役の登場
          ぜんざい② 
          ふたを取ると・・・

漆の器のふたを取ると、黒光りしたあんこがテンコ盛り状態でそこに実在していた。実在、と表現したくなるビジュアル。とろりを超えて、どろりとしていた。水分の少なさと黒々あんこの恐るべきプレゼンス。甘さが半端ではなかった。ひと口で村長の脳天がシビレた。おそらく村長がこれまで食べたぜんざいでこれほどの甘さは経験がない。中に焼いた餅が3個潜んでいた。よく伸びるいい餅。

          大丸やき茶房④ 
          絶景・・・感動の世界
          大丸やき茶房⑥ 
          ただ者ではない餅
          大丸やき茶房⑨ 
          大丸やき

塩加減も感じない。このこってりした甘さの前では美味、という言葉さえ無意味に思えてしまう。脳内エンドルフィンが全開状態になり、あまりの幸せ感にくらっとしてきた。自己無化の極致。武蔵敗れたり。食べ終えた後、村長は茫然とお茶をすすった。梅肉で錯乱した味覚を整えてから、大きく深呼吸して、「大丸やき」を1個頼むことにした。意地と根性。見た目は今川焼きのようだが、生地はカステラか人形焼のよう。その中のあんこも激甘だった。村長はダウン寸前でふらふらと立ち上がった。負けるわけにはいかない。タオル投入なんて冗談じゃない・・・。

          大丸やき茶房10 
          ひと口、いかがどす?


本日の大金言。

普通の甘党の方にはぜんざいより、田舎しるこをお勧めする。汁気があり、食べやすい。それにしてもあんこ道(そんなものがあるとして)は厳しい、と改めて思う。




                       大丸やき茶房14 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大丈夫ですか?

表現が凄過ぎです。村長、大丈夫ですか? 神保町の老舗甘味店ということですが、小豆大好きの私なのに、知りませんでした。写真を見ただけで、甘さが伝わってきます。私もチャレンジしまーす。それにしても脳内エンドルフィンの全開状態って、どんな状態なのでしょう?あんこ中毒? 興味深々です。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR