石戸蒲桜とパン屋のパスタ

 「あのね、埼玉・北本に樹齢800年の桜があるの知ってる?」
「桜はとっくに終わってるでしょ」
「石戸蒲桜(いしとかばざくら)と言ってね。福島・三春の滝桜などとともに日本五代桜の一つなんだよ。その散り際が見たくなった。桜は散り際が一番美しいのだよ」
「遅すぎ。村長って相変わらずズレテるのね。でも、北本はパスタの美味い店が多いのよ。北本はトマトの産地で、その後にトマトパスタを食べるというのなら付いてってあげる」

           石戸蒲ざくら 
           石戸蒲桜

そんなやりとりの数時間後、ウマズイめんくい村の青いポンコツ車が、石戸蒲桜のある北本・東光寺の駐車場に止まった。散り際どころかほとんど葉桜状態。
「ほらね。トマトパスタ食べに早く行こう」
とっくに葉桜・・・の村民2号が急き立てる。
「葉桜も趣があるなあ。花びらがほんの少し残っているところなど、人生の無常を感じて涙が出てくるよ」
「村長の頭みたい。もう花びらもないけど」

          ボンドール② 
          パン屋とレストラン

ランチは地元で人気の「ボンドール北本店」へ。ここは石窯パンが売りで、イタリアンレストランも併設している。ランチタイムはパン食べ放題。10分ほど並んでからテーブル席へ。唐辛子とトマトソースをたっぷり使った「小海老と揚げ茄子のパスタアラビアータ」(スープ、サラダ付き1050円)を注文した。安くはないが、パン食べ放題なのでやむを得ない。

          ボンドール① 
          トマトはどこだ?
          ボンドール12  
          パン食べ放題

アラビアータとはイタリア語で怒りの意味。あまりに辛いので食べるとカッカと熱くなることに由来しているそう。パンはバイキングスタイルで、自分で好きなだけ取ってくる。村長はとりあえず3個、村民2号は2個。サラダ、スープとまずまずの旨さ。その後、主役の「小海老と揚げ茄子のパスタアラビアータ」がやってきた。女性スタッフがいささか雑な置き方。パスタはアルデンテで、多分オリジナルのトマトソースがたっぷりかかっていて好感。ガーリックとオリーブオイルと唐辛子が効いている。

          ボンドール⑤  
          小海老と揚げ茄子のパスタアラビアータ
          ボンドール⑦ 
          トマトソースがたっぷり
          ボンドール⑧ 
          エビとナス

「北本は野菜がいい。揚げ茄子(なす)もおいしい。アラビアータなので当り前だけど、結構辛いわ。あっ、ジワジワきたァ」
「女性スタッフの雑さに対する怒りも加わってるんじゃないか」
「まさか。混んでて忙しいのはわかるけど、確かに神経が行き届いていない気がする。パン屋もやっていて、いい店なのにそこだけ残念」
「アラビアータなので、わざとやっているのかもな」
「そしたらスゴイわ。村長にもアラビアータ」
「全員、未来は石戸蒲桜!」
「わけわかんない・・・」


本日の大金言。

桜は散り際が美しい。葉桜になっても趣がある。限りあれば吹かねど花は散るものを心みじかき春の山風。






                       ボンドール11 







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR