ミシュラン一ツ星の800円昼めし

約 2年前に61歳で亡くなった知人の画家・今村圭さんの回顧展を観に、新宿三丁目の「ギャラリー絵夢」に行く。今村さんのご主人T氏は村長の三鷹時代からの友人で、有能な編集者でもある。絵心のある村民2号も付いてきた。今村さんの作品を生で見るのは久しぶり。大作が多く、いわゆる抽象画だが、その煌めくような鮮やかな色彩の世界は異様な高みに達していて、見る者の心を釘付けにする力がある。T氏と近況などを雑談してから、外に出ると、腹の虫がキュッと鳴いた。

          今村圭絵画展⑤  
          今村圭回顧展(ギャラリー絵夢)

腕時計を見ると、午後1時を回っていた。どこに入るか、いつものようにあっちウロウロこっちウロウロしていると、BEAMSを右に入った辺りで、行列が見えた。ラーメン屋ではない。「割烹 中嶋」という渋い看板。並ぶのが嫌いな村長だが、店は地下にあるようで、狭い螺旋階段に折り重なるように14~5人が順番待ちしていた。調べてみると、ミシュラン一ツ星の料理屋だった。

          中嶋① 
          行列の意味

昼定食は鰯(いわし)料理のみで、「刺身定食」「フライ定食」「煮魚定食」が800円、「柳川定食」のみ900円という店の格を考えると、ちょっと信じられない安さ。店主の中嶋貞治氏は和の達人の一人で、その祖父はあの北大路魯山人が主宰となった伝説の料亭「星ヶ岡茶寮」の料理長だったこともわかった。これは何かある。村長は腹を決めて、ぎっくり腰を抑えながら並ぶことにした。

          中嶋③ 
          ようやく入り口
          中嶋② 
          うーむという舌代

都合30分ほどで、L字型の白木のカウンター席に案内された。半個室がいくつか見えた。白衣と和帽子のきりっとした板前さんが7~8人ほどテキパキと働いている。修業中の女性板前もいる。ピリッとしたムードが伝わってくる。村長は「フライ定食」(税込800円)、村民2号は「刺身定食」(同)を頼んだ。多分夜くると、一人1万円では済まないだろう。

          中嶋⑦ 
          フライ定食
          中嶋15 
          こちらは刺身定食

「フライ定食」はさすがの代物だった。有田焼の大皿にキツネ色に見るからにサクッと揚げられた三枚おろしのフライが5枚。カレー粉で湯がかれたモヤシと酢揉みされたキャベツと青菜が添えられていた。それに炊き立てのご飯とみそ汁、お新香という構成。レモンを絞ってから、鰯(いわし)のフライを賞味。小骨はきれいに抜かれていて、下味が付いていた。脂ののった鰯の食感の具合がいい。ほのかな甘み。手抜きがない。

          中嶋⑥ 
          シンプルだが隙がない
          中嶋⑧ 
          レモンを絞る
          中嶋10 
          まずは、ひと口

醤油好きの村長は醤油を垂らす。年配の板前がじろりとこちらを見た気がした。味噌汁にはミョウガが入っていて、いい出汁が口中に広がる。ご飯がやや固めだが、出色の美味さで、2杯まではお代わり自由というのも好感(3杯以降は有料)。全体としてさり気ないプロの料理で、これが800円とは驚きと言わざるを得ない。混み合ってはいても、和のノブレスオブリージュを感じさせる、気持ちのいい店だった。「得した気分ね」辛口の村民2号も満足げ。ミシュラン一ツ星はダテではなかった。

           中嶋⑨ 
           ご飯の美味

本日の大金言。

暖簾のある店がランチを安く提供する。いろいろな見方があるが、それを続けるのは簡単なことではない。確かに継続は力、である。




                      中嶋12 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR