喧噪の中の別世界チーズケーキ

 最近、東京・新宿で見つけた隠れ家的な地下の喫茶店の話。
「割烹中嶋」の美味くて安い絶品ランチを堪能した後、新宿御苑をぶらぶら散歩。八重桜の見ごろが続いていた。村民2号はゴッドマザーの身の回りのお世話や何やらで目の下に隈が出来ている。足が棒になりかかったあたりで、コーヒーを一日3杯は飲まないと発狂する村民2号がさり気なく言った。

「伊勢丹の近くにステッキ―なカフェを見つけたのよ。この前、キオと散歩中に入ったら、これがいい店だった。コーヒーが美味いうえに、レアチーズケーキが絶品だったわ。ちょっと贅沢だけど、そこ行かない?」

           八重桜  
           新宿御苑の八重桜

それが「炭火珈琲 素多亜(すたあ)」だった。大正モダニズム風のレトロな入り口。ドアを開けると地下へと階段が続いていた。パリの下町にでもいるような錯覚に陥りそうになった。店内はアイボリーの壁とダークブラウンの木のテーブルと床。アールヌーヴォー風のさり気ない、趣味的な世界。2人用のテーブル席が7つほど、8人ほど座れる大きなテーブルが一つ。ほぼ満席だった。

                 素多亜① 
            この入り口の地下の別世界

何よりも8人ほど座れるカウンターが目を引いた。そこで白シャツに黒い蝶ネクタイ姿の初老のマスターが注意深くコーヒーを淹れていた。隣りには奥さんらしき女性。たまたま空いていた席に腰を下ろすと、苦学生のようなどこかぎこちない動きのウェイターが注文を取りに来た。爆笑問題の太田光をつい連想してしまった。飲み物はコーヒーだけという徹底ぶり。村長はブレンド(670円)とレアチーズケーキ(330円)、村民2号はブレンドとチョコレートケーキ(330円)を注文した。ケーキはリーズナブルだと思う。

          素多亜② 
          スイーツはこの2種類だけ

このチーズケーキが確かに美味だった。クリームチーズをそのまま固めたようなレアチーズケーキで、口に入れた途端、濃厚な甘みとほどよい酸味が思い切り広がった。そのねっとりとした冷たい塊が舌の上で溶けていく。快感。ジャージー牛の牛乳でも使っているのかもしれない。ブレンドコーヒーは苦みと酸味とまろみのバランスがいい。

           素多亜④ 
           いい眺め
           素多亜⑦ 
           レアチーズケーキか?
           素多亜10 
           チョコレートケーキか?

「ロースト感がいいでしょ? 香りもいい。カップも皿もウェッジウッドよ。あのマスター、かなりの使い手だわ。一杯670円は安くはないけど、この味わいなら仕方ないと思わせるものがある。このチョコレートケーキも中がムース風で、ところどころにクルミの粒が点々と入っていて、かなり甘いけど美味いわ。でも、私はチーズケーキの方が好みかな。取り換えましょ」

ケーキが自家製なのか、太田光君にこっそり聞いてみた。「いえ、自家製ではないです。特別なところのものです」。それ以上はわからないようだった。新宿の喧騒の中の別世界のひとときは謎を残したまま、終わったのだった。後日、電話で聞いてみようとしたが、誰も出なかった。


本日の大金言。

デパ地下もいいが、洒落たマスターのいるレトロな地下のカフェも悪くない。たまには大人の隠れ家で読書を楽しむのもいいかもしれない。




                        素多亜12 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR