創業80余年人気食堂の味

 喜多方ラーメンは有名だが、首都圏で会津ラーメンを知っている人は少ない。と書いて、ハタと困った。どこがどう違うのか。スープは豚骨・煮干しなどでダシを取った醤油味・・・それらは基本的に同じで、九州ラーメンや札幌ラーメンほどの違いがない。麺も平打ち太麺で、店によって若干の違いはあるが、全体としてすっきりしたまろみのある醤油ラーメン。喜多方は水がいいのは確かだが、それ以外に大きな違いはないと思う。全国展開している「幸楽苑」は会津若松が出発点だが、チェーン店化したために平打ち太麺ではなくなっている。

           石部桜 
           樹齢650年の石部桜

と書いたのには訳がある。創業八十余年「牛乳屋食堂」の存在である。牛乳屋から身を起こし、途中でラーメン屋も始めたという歴史を持つ。今や会津ラーメンを代表するラーメン店で、首都圏にも進出するなど、そのユニークな店名とともに、ラーメン好きの間にも浸透しつつある。ウマズイめんくい村のおかしな一行は、会津若松市の郊外にある本店へポンコツ車をぷかぷか飛ばした。

           牛乳屋食堂① 
           牛乳屋食堂

時刻は午後1時過ぎ。GWということもあり、駐車場は混み合っていた。村長がこの店に来るのは十数年ぶり。三度ほど食べているが、麺が中太縮れ麺で、喜多方ラーメンに負けない旨さだった。ソースかつ丼や餃子も旨かった記憶がある。入り口で名前を書いて、10分ほどで、「赤羽さん」と呼ばれた。入ると、手前がテーブル席、奥が座敷になっていて、建て替えたのだろうか、以前より広くきれいになっていた。

           牛乳屋食堂② 
           人気のセットメニュー

メニューも合理的になっていた。村長はBセット「半カツ丼とラーメン1人前」(1100円)を選んだ。「半カツ丼」はむろんソースかつ丼。村民2号とキオは「牛乳屋ミニセット」(1000円)。麺は中太麵と極太麵(プラス50円)を選べる。昔は確か中太だったので、中太麵を選んだ。

          牛乳屋食堂④ 
          ラーメンと半ソースカツ丼
          牛乳屋食堂⑥ 
          中太麵

待ち時間は長めの17~8分ほど。まずはラーメンから。見た目は濃い醤油色で、キラキラと脂が浮いている。十数年前と同じ。ゴロッとした厚さのチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔という構成。旨そうな匂いがドンブリから立ち上がっている。スープは豚骨よりも鶏がら感が出ていて、醤油の味が強め。中太麵は縮れていて、醤油スープがよく絡む。チャーシューは肩肉なのか、歯ごたえがあり、肉感に満ちている。だが、昔のような感動が湧いてこない。微妙に味が変わった気がした。これは果たして会津ラーメンの代表なのか。

          牛乳屋食堂10 
          いい揚がり具合
          牛乳屋食堂11 
          ソースだれの微妙

半カツ丼(ソース)も会津ではフツーの旨さで、「いとう食堂」のような感動がない。多分肩ロースのトンカツ3切れと下に敷かれたキャベツ、それにご飯はまずまずだが、秘伝という甘辛のソースだれの濃さがいささか気になった。濃い味好きにはいいかもしれないが。
「旨いけど、ソースがくどいわ。ご飯の中にまでかかり過ぎ。ちょっと残念」
村民2号とキオが、「ここはメチャ美味いぞ」と言って案内した村長をキッと睨んだのだった。


本日の大金言。

店が大きくなると、味も大きくなるのかもしれない。彼は昔の彼ならず。老舗の味を守り続けることのむずかしさ。





                       牛乳屋食堂13 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR