縄文グルメ遺産「栃餅」にシビれる

 大内宿は会津観光の目玉の一つ。江戸時代の茅葺き屋根の古民家が30軒以上並ぶ街並みは、一瞬タイムスリップしたような感覚に襲われる。だが、生活のためとはいえ観光化され過ぎて、時代劇のセットのように見えることもある。ネギを箸のように使って食べる高遠そば(ねぎそば)や岩魚の串焼きなど美味いものも多いが、値段もそれなりで、人気スポットと化した故の光と影が見え隠れする。

           大内宿① 
           大内宿の街並み
           大内宿 
           桜と鯉のぼり

それでも村長は江戸時代の面影が残る大内宿が好きで、会津に行くと立ち寄ることが多い。GW真っ最中のなので、大内宿は観光客でにぎわっていた。いつものように「山本屋」にしようか、「三澤屋」にしようか迷っていると、美味そうなメニュー写真が視界に飛び込んできた。あんころ餅ときな粉餅がセットになっていた。「栃餅(税抜き600円)」なり。「茶屋 みさわや」だった。店構えもいい。これは入るっきゃない。

           みさわや① 
           茶屋みさわや
           みさわや② 
           うむむうむむ

栃餅(とちもち)は縄文人が食用にした栃の実を餅と混ぜて搗(つ)いたもの。栃の実は固いうえに苦みがあり、そのままでは食べられない。時間をかけてアク抜きしてふかし、苦みを取るまで1週間以上の時間と工程が必要で、この上ない手間ひまがかかる。その栃餅のあんころときな粉。他にくるみパンや五穀パン、岩魚サンド、それにスイーツ類もあるが、村長は珍しい「栃餅」に釘づけ状態。村民2号とキオは「また始まった」とばかりにげんなりしている。初志貫徹。

           みさわや④ 
           栃餅のあんこときな粉

店の無愛想なおばさん店員に「栃餅」を注文して、待つこと10分ほど。「作り立てよ」という言葉とともに、皿に乗ったあんころ餅ときな粉餅がしずしずと登場してきた。湯気が立っている。それを恭しく持って、階段を上がって、2階で賞味することにした。1個が意外にデカい。緩めのつぶしあんがたっぷりとかかっていた。もう一つにはサラサラしたきな粉。白砂糖も混入している。色がきれい過ぎることが気になるが、窓から入ってくる光に反射してキラキラする様はとてもこの世のものとは思えない。ここはどこ?極楽まで3マイル?

   
           みさわや10 
           あんころ餅さま

まずはあんころ餅を賞味。やや甘めで、あんこのざらざら感が舌に心地よい。何よりも手間ひまかけた栃餅の食感が素晴らしい。よく見ると色は自然な黄土色で、その伸び加減やしっかりとした歯ごたえがフツーの餅とはひと味違う。苦みもえぐみもない。それどころか、独特の旨味さえ感じる。こういう形で栃餅を食べたのは村長といえども初めて。
          みさわや⑥ 
          きな粉さま
          みさわや⑧ 
          栃餅の美味
          みさわや⑦ 
          ため息

次にきな粉餅に移った。きな粉は砂糖を加えているせいか、サクサクしている。だが、そのサクサク感が栃餅の自己主張とよく合っている。あんころよりもきな粉の方が栃餅の旨味をよく引き出していると思う。美味。自然の恵みを最大限に生かした縄文人は実はグルメだったという説を思い出した。大内宿で縄文人の遺産「栃餅」を静かに賞味しながら、村長は「うむむうむむ」と唸るしかなかった。


本日の大金言。

現代日本人は基本的に縄文人と弥生人の混血だが、美味の遺伝子は縄文人から受け継いでいるのではないか。




                      みさわや11 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR