まさかのイタメシ屋「新タケノコパスタ」

 タケノコの美味なシーズン。このGW期間中、あちらこちらで「新タケノコ」を見かけた。今回はその中でも特筆の店で出会った木の芽と新タケノコのイタメシをご紹介しよう。
 
          館林②          
           旧秋元邸のつつじ(館林)

新緑と花の香りに引きつけられて、つつじの名所・群馬県館林市内を散策中のこと。お腹の虫がキュッと鳴いた。時計を見ると、午後1時半を過ぎていた。
「せっかく館林まで来たんだから、美味いパスタを食べたいな」
と、村民2号がつぶやく。
館林には美味いイタリアンレストランが多い。村長は駅前の通りで情報をゲットすることにした。生きたグルメ情報は地元の女性に聞くに限る。これはという中年女性に聞いてみると、小鼻をぴくつかせて「ここから歩いて7~8分くらいのところに、いい店があるわよ」と教えてくれた。ゲット・ラッキーか?

           西ノ洞②  
           「西ノ洞(ほら)」の入り口
           西ノ洞③ 
           ランチメニュー

それが古い街並みが残る大手町にある「ロートルメゾン 西ノ洞(ほら)」だった。ロートルメゾンとはフランス語で「もうひとつの家」。驚くべき店だった。古民家を大胆に改造した店構えで、外から見ると由緒のある古民家に見えるが、一歩中に入ると、別世界だった。天井が広く高く、しかも吹き抜けの2層構造になっていた。一番底がコンサート小ホールになっていて普段は食事用のテーブルが置かれ、中2階はそれを取り囲むように見下ろす構成。木のカウンター席やテーブル席が配置されていた。壁面は大谷石とステンドグラス。うーむ。村長は息を飲んだ。店の人に聞いてみると、有名な建築家が造ったそう。

         西ノ洞⑤ 
         そこは別世界だった

木のテーブル席に腰を下ろし、ランチメニューの中から、一番安い「Aコース 1080円」を選んだ。一瞬高い、と思ったが、それが間違いだったことを30分後に知ることになる。オードブル、パスタ、サラダ・パン、それにコーヒーか紅茶付き。それぞれいくつかのメニューから選べる。

村長はオードブルは「冷製 ホタテと海老のテリーヌ」、パスタは「館林産新タケノコとシラスの塩味木ノ芽の香り」を選んだ。頼むときに舌を噛みそうになってしまった。食後は紅茶。村民2号は「アボカドとフレッシュトマト」にコーヒー。 

オードブルとサラダ、パン、パスタの順番でやってきた。注文してからシェフが作り始めるので、パスタが来るまで15分以上はかかった。ゆったりとした時間。音響効果がいいのだろう、BGMのガットギターの音が素晴らしい。全部書くとキリがないので、新タケノコのパスタについて。こんがりとローストされた地場の新タケノコは量も多く、こりっとした歯ごたえとにじみ出てくる甘みが美味。シラスもどっさりと乗り、木の芽(山椒の新芽)の香りとの相性は悪くない。それに細切りのベーコン。

           西ノ洞⑥ 
           サラダと冷製テリーヌ
           西ノ洞⑨ 
           新タケノコのパスタ
           西ノ洞12  
           シンプルな味付け
           西ノ洞11 
           五月の美味

パスタはアルデンテで、素材を生かすためだろう、味付けは塩のみ。オリーブオイルとニンニクの匂いが食欲をそそる。パスタの量はそれほど多くはないが、焼きたてのフランスパンもあるので、ボリューム的には十分に満足できる。

           西ノ洞⑧ 
           パンもスグレモノ

初めは高いと思ったけど、これで1080円はちょっと驚きだわ。館林は意外と奥が深い。つつじが岡公園だけじゃないわね」
「皇后さんと女性宇宙飛行士の実家のある街だからな。文化があるんだよ」
「群馬ってすごいでしょ。私の実家がある桐生の次にいいわ」
「確かに」
村長は逆らわずに食後の紅茶を静かに楽しむのだった。

本日の大金言。

つつじを見に館林に行って、新タケノコのパスタと出会う。人の行く裏に道あり花の山。つつじよりタケノコパスタという発見だってある。





                         西ノ洞14
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

堪能いたしました。人の行く裏に道あり花の山。確かにいい言葉だ。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR