昔の「街の洋食屋」の味わい

 本日はピカソと街の洋食屋の話。

陶器好きで絵心のある村民2号が埼玉県立近代美術館で開催中の「ピカソの陶芸」に行こうと言い出した。ピカソの陶芸? 村長はピカソが晩年、陶芸の制作にハマっていたことを知らなかった。まるで池田満寿夫ではないか、などと軽口をたたきながら、北浦和にある安くて美味い洋食屋「レストラン四季」でランチすることを条件に、ポンコツ車を走らせることにした。

           埼玉近代美術館 
           ピカソの陶芸(埼玉県立近代美術)

「ピカソの陶芸」は自由で伸びやかな感性と色彩感覚に圧倒された。頭の窓が開く。観終わってから、約束通り、常磐9丁目にある「レストラン四季」に足を運んだ。昭和のよき匂いのする洋食屋で、40年以上スタイルを変えずに「手抜きのない洋食」を作り続けている埼玉でも稀有なレストランの一つである。

           洋食四季① 
           レストラン四季

時刻は正午少し前。どこか懐かしい店構えにすでに数人が並んでいた。「本日の定食 780円」という手書きのボード。少し待ってから店内に入ると、古い木製テーブル(4人用)が5つ。扇風機が回っていた。正面が厨房になっていて、そこでご高齢の店主がコック姿で料理をコツコツと作っていた。奥さんが出来上がった料理を運ぶ。夫婦二人で店を切り盛りしているようだ。いい匂いとともにフライを揚げる軽やかな音が心地いい。

           洋食四季 
           本日の定食

村長は「本日の定食」の中から「カキフライ ハムかつ、野菜揚げ」(ライス、みそ汁、お新香付 780円)を選んだ。村民2号は「メンチかつ、ハムかつ、野菜揚げ」(同780円)を頼んだ。注文を受けてから作り始めるので、待ち時間は17~8分ほど。見た瞬間、街のコックさんが作った昭和の正統派洋食だと実感。大ぶりのカキフライが3個、ツマヨウジが刺されたタマネギのフライ、それにハムカツ。みずみずしい千切りキャベツ、トマト・・・フライの上からかかったデミグラスソースとキャベツの上のドレッシングが燦然と輝いていた。どこにも手抜きが感じられない。昭和期に修業したコックの実力。

          洋食四季⑤  
          「カキフライ、ハムかつ、野菜揚げ」
          洋食四季⑥ 
          この圧倒

カキフライは衣が厚めで、サクッとしていた。その中から岩ガキが濃厚でエロティックな姿を現した。さらに噛む。じゅわりと海のミルクが滲み出て、口中に広がる。美味。ウースターソースをかける。醤油も試してみる。村長はウースターソースが一番合うと思った。マスタードがないのは少々残念だが、それを忘れさせてくれるほどの旨さ。タマネギとプレスハムのフライも文句のつけようがない。

          洋食四季⑧ 
          カキフライをかじる
          洋食四季⑦ 
          タマネギの美味
          洋食四季⑨ 
          ハムかつ

このボリュームと内容で780円とは驚きね。私はみそ汁とドレッシングの旨さも強調したいわ。お腹はパンパンだけど」
「脇役のナポリタンにしても手抜きがない。こういう洋食屋が街の中にある、ということに感動を覚える。ピカソの陶芸とこの洋食屋、北浦和って意外にいい街だよ」
「ピカソの皿にこの洋食は合うかもね。空想レストラン・・・」
「それはいいけど、ここの代金はどうする?」
「ごちそうさま。もう一軒、コーヒーの美味い店にハシゴしない?」
「・・・・・・」


本日の大金言。

昭和の街の洋食屋。まだ人間に対するささやかなロマンがあった時代。それを懐かしむのは感傷に過ぎないのか?



                       洋食四季12 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR