犬も歩けば・・・下町「手づくりパイの店」

 久しぶりに東京・北千住。メーンストリートから離れて、はぐれ犬になった気分で仲町あたりを散策していると、女性客が入ったり出たりしている小さな店を見つけた。店の前には赤いスタンドボードが置かれ、白いチョークで「手づくりパイの店」と書かれていた。「Kibusi(キブシ)」という店名。ミートパイやソーセージパイ、反対側にはアップルパイなどの文字が見え、いかにも手づくり感あふれた店であることがわかった。パイ好きの村長はほとんど条件反射的に入ってしまった。ゲット、ラッキーか?

          きぶし② 
          アートな出会い?
          きぶし① 
          ゲット・ラッキーか?

店内にはバラエティーに富んだ手づくりのパイが並び、女性店主と女性スタッフが忙しそうに客の応対をしていた。手前に5席ほどのイートインコーナーがあり、コーヒーや紅茶も楽しめるようだった。村長は、迷った末に「ピロシキ」(1個180円)と「アップルポテトパイ」(4分の1サイズ 220円)を選んだ。飲み物は「こんぶ茶」(100円)。合計500円ナリのリッチなランチタイム。自分で言うのも何だが、渋すぎる。

          きぶし③ 
          この手づくり感
          きぶし④ 
          うむむうむむ

「ピロシキ」は楕円ではなく、細長い珍しい形。ドーナツのような食感で、中の具は、合いびき肉、シラタキ、人参、シイタケなど。それが甘辛く煮込まれていて、口に入れた途端、どこか懐かしい和風の旨味がじんわりと広がった。ロシアではなく和風のピロシキ。こんぶ茶との相性もいい。このところ戦闘的なプーチンにも食べさせたい味わい。

          きぶし⑥ 
          リッチなランチ?
          きぶし13 
          ピロシキの中
          きぶし⑧  
          アップルポテトパイさま

「アップルポテトパイ」が特に美味だった。こんがりと焼き上がったパイ生地、中は二層になっていて、蜜煮した紅玉がぎっしり詰まっていて、その下には黄金色のポテトクリームが厚めに敷かれていた。ひと口パクリと行くと、リンゴの酸味と甘み、それにポテトクリームの甘みが絶妙に調和していた。余分なものは入っていない。パイ生地も柔らかい。素朴な美味。

          きぶし10 
          このギッシリ感
          きぶし12 
          アップルとポテトの二層

女性店主としばし雑談。
「このポテトクリームが美味い。さつまいもの種類は紅あずま?
「当たり、そうです。それに生クリームとバター、砂糖も入れてます。あと塩も少し。それだけです」
「価格が高くないのもありがたい」
「試行錯誤の毎日なんですよ。店をやっていくってホント大変です。老舗の力ってすごいなあって、最近改めて思ったりしてます」

元々お菓子作りが好きで、その延長線で約5年前に「手づくりパイの専門店」を開いたそう。メディアにも少しずつ取り上げられるようになり、常連客も増えているようだ。老舗になるにはあと数十年はかかりそうだが、老舗だって最初は手探りだったはず。店名のキブシは植物の名前から取った。数十年先には黄色い花がたわわになっているかもしれない。花も実もない、冬木立状態の村長は食べ終えた後、意味もなくそう確信するのだった。


本日の大金言。

老舗の看板の上にアグラをかいて、味がどんどん落ちている店もある。名前だけの老舗より、小さくても新しい星。




                         きぶし15 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR