タレカツ丼とソースカツ丼の金メダル争い

 何を隠そう赤羽彦作村長は麺類ばかりでなく、カツ丼にも目がない。中でも、ソースカツ丼の大ファンである。というより、普通のカツ丼よりB級という観点から見ても、こっちのほうが好きである。
宮仕え時代にはソースカツ丼食いたさに、都内のあちこちを歩き回った。ところが、とんかつ屋は星の数ほどあるのに、ソースカツ丼を出している店はまずなかった。

村民2号の故郷でもある群馬・桐生市は、日本でも有数の「ソースカツ丼」のメッカで、中でも「志多美屋本店」は村長の好みだった。村長の故郷でもある会津藩も日本有数のメッカで、人気店「中島」にはよく通った。

それなのに、東京はカツ丼といえば「卵とじカツ丼」が当たり前で、ソースカツ丼などは「想像外」の代物という反応が多かった。
5年ほど前に、水道橋周辺を散歩中に偶然、「新潟カツ丼 タレカツ」を発見、まるで「金メダル」でも取ったように跳び上がって喜び、昼飯を食ったばかりなのに暖簾をくぐり、賞味した。

新潟カツ丼は厳密に言えば、ソースカツ丼ではなく、タレカツ丼に属する。ベースにソースではなくしょう油を使う。さらに、ご飯とトンカツの間にキャベツは入れない。水道橋の店はヒレカツを使い、しょう油ベースの甘めのタレにくぐらせたもの。これが、実ににうまかった。

ここ数年で、都内でも、ソースカツ丼やタレカツ丼をメニューに出す店が少しずつだが、増えてきている。ようやく東京人もカツ丼が卵とじだけではないぞ、ということに気づき始めたのである。それは「多様なウマズイ」を標榜する彦作村長にとってもうれしいトレンドである。

首都圏の北に位置する東北自動車道下りの羽生PA「パサール羽生」は、2009年11月にリニューアルして、東北道の中でも那須高原PAと並んで利用者数が多い。その中に「丼専門店 どんぶり道場」がある。卵とじ丼や名古屋の味噌カツ丼と並んでタレカツ丼とソースカツ丼もある。村長はソースカツ丼やタレカツ丼が食いたくなると、ここに短い足を運ぶ。何より安いのがいいし、満足感も結構ある。


         どんぶり道場・タレカツ丼 


そこで、村長は「秘伝のたれかつどんぶり」(並590円)を注文した。美熟女の村民2号は負けじと「会津ソースかつどんぶり」(並690円)を注文。村長より100円も高いのが気にくわなかったが、勘定は感情に影響しやすい。怒りを押し殺して、ドンブリ対決を楽しむことにした。別にみそ汁(100円)も付けた。

この100円の違いとは何か? 冷静に分析した結果、キャベツの有無だけとしか思えない。白ごまもかかってはいるが、それは愛嬌みたいなものである。

タレカツ丼は、まさに新潟カツ丼で、キャベツなどという邪魔なものは入れない。しょう油ベースの甘いタレをくぐったヒレカツが「早く食べて」とささやく。肉があまり厚くないというのも新潟カツ丼の特徴で、やみくもに厚いカツよりも、品があるし、健康にもいい。値段にもいい。

タレはご飯にも多めにかかっていて、揚げたてのヒレカツとともに、口の中に運ぶと、幸せ感がジュワジュワと広がってくる。ちょこんと乗った沢庵が「冷静」を取り戻すのに役立っている。


         どんぶり道場・ソースカツ丼 


「ソースカツ丼のほうがピリッと自己主張していて、私はこっちの方が好き。タレカツ丼は何だかポワーンとしていて、立場をはっきりさせない人みたいでイヤ」
村民2号の自己主張もソースカツ丼並みではないのか?

「いやいや、そのポワーンがいいんだよ。それが文化というものだ。ソースよりしょう油。それに100円安いというのもポイントが大きい。判定でタレカツ丼の勝ちだよ」
村長も応戦する。

ロンドン五輪の柔道には引き分けがないが、カツ丼対決には引き分けがあってもいい。松本薫状態になった村民2号だが、寝技に持ち込めば、村長にも勝ち目はあるかもしれない。しかし、引き分けが村の平和のためになることだってある。彦作村長は心の底で、金メダルよりも100円玉メダルが欲しかったのだが。



本日の大金言。

カツ丼がいつもカツとは限らない。勝者に拍手はいらない。敗者にこそ拍手を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR