まさかの本場・大阪の串かつ屋

 上州ゴッドマザーのお見舞いの帰り、ふと太田駅で途中下車してみた。久しぶりのローカル電車。南口で下りて、飲食街を散策中に、面白い店を見つけた。「串かつ」の暖簾が下がり、入り口には、大阪・通天閣の「ビリケンさん」が置いてあった。一瞬目が点になった。ありゃりゃ、コテコテの大阪! 「前田製作所」という屋号が目に入った。大阪的なものとは対極にあると思っていた上州・太田でまさかの出会い。

           前田製作所7  
           ここはどこ?

入ると、店内は活気に満ち溢れていた。カウンター席とテーブル席があり、奥にもテーブル席が見えた。女性スタッフが忙しそうに生ビールや料理を運んでいた。ブルーのTシャツの後ろに「本場大阪 ソースの二度漬けお断り。」の文字が染め抜かれていた。笑える。気に入った。村長は本場・大阪でも串かつを賞味したし、東京・北千住の立ち飲み「天七」のファンでもある。

           前田製作所2 
           二度漬けはあかんでえ
           前田製作所④ 
           本場の串かつ

カウンターに腰を下ろして、まずは生ジョッキ(480円)と、目玉のメニュー「本場串揚げ」の中から「五本盛」(650円)を頼んだ。この季節、枝豆(280円)も欠かせない。目の前には生キャベツ(無料)と「二度漬け禁止」と書かれたソースの容器が置かれている。北千住の天七もそうだが、ソースを二度漬けしたらレッドカードが出る。

           前田製作所⑤ 
           ここは新世界?

串かつを油で揚げるいい匂いが充満してきた。まず「お先に3本です」と海老、つくね、うずらが登場。それから牛とウインナーがやってきた。コロモのパン粉はきめ細かく、キツネ色にサクッと揚げられていて、あっさり系のウースターソースとよく合う。ウインナーが特に美味だった。追加で、深谷ネギ(100円)とタマネギ(100円)を頼む。これが気に入った。深谷ネギもタマネギも地場のもので、新鮮な甘みがコロモとソースの後押しを受けて口中に広がる。その余韻を生ビールで洗う。その間、客がどんどん入ってくる。

           前田製作所⑥ 
           つくねをソースに・・・
           前田製作所12 
           牛とウインナーの美味
           前田製作所10 
           深谷ネギとタマネギ

店主は本場・新世界で串かつの修業をしたそうで、「ここまで本場をほとんどそのまま出している店は上州では珍しい」(女性スタッフ)とか。村長の見たところ、本場や北千住・天七よりもきれいにまとまっている。そこが洗練されていると思うか、やや物足りないと思うかの分かれ目だろう。

           前田製作所A 
           じゃこの焼きおにぎり

締めに「じゃこの焼きおにぎり」(2個450円、みそ汁付き)を頼んだ。みそ汁は美味だったが、これは少々期待外れ。予想よりも小ぶりで、こちらもきれいにまとまっていた。じゃこと大葉がほどよく入っていて、ダシ醤油を付けて焼かれていて、それなりには旨い。だが、期待が大きすぎた分、コテコテ度がやや足りない。だが、と村長は思い直す。上州でこれだけの試みはそうは出てこないのではないか。オープンしてまだ3年だそう。入り口のビリケンさんのテカりが本場を超える日を楽しみにすることにした。


本日の大金言。

テレビの世界は関西の笑いにすっかり押されているが、味覚の世界もダシの効いた関西に押されている。かないまへん。



                      ビリケンさん 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR