「本格おむすび専門店」のおむすび

 秘密ペンクラブの打ち合わせのため東京・八丁堀で下車。そこから新大橋通りをエッチラオッチラ歩くことにした。裏通り好きの村長が途中で裏道に入ると、「本格おむすび専門店」のスタンド看板が目に入った。「おむすび」という言葉に壊れかけたセンサーが反応した。見上げると「おむすび 千米屋」という看板。「日本昔話」の世界に通じるどこか懐かしい響き。そこに「本格」と書くからにはかなりのお手前と判断した。「御免」と入る。おいおい、まるで道場破りだよ。

           千米屋① 
           いい雰囲気

店内は狭く、テイクアウト中心のようで、ケースには「塩(110円)、「紅さけ(170円)」、「雑穀米(140円)」「焼きたらこ(180円)」などなど、おむすびが美味そうに並んでいた。おいなりやメンチカツ、とん汁などのメニューもある。左手には4席ほどのイートインコーナーもある。夫婦なのだろうか、二人で切り盛りしているようだった。
        
           千米屋② 
           うむむ

村長は「おかか(150円)」が好みだが、すでに売り切れていた。だが、「プレートにあるものはお作りします」と表記してあったので、聞いてみると、「大丈夫です。お作りいたします」。もう一品「紅さけ(170円)」も頼んだ。それと「自家製とん汁」(180円)もしっかり頼んだ。

調べてみると、この店はオープンして約8年で、昼めし時には八丁堀界隈のサラリーマンやOLが行列を作る人気店だった。5分ほどで呼ばれ、イートインのカウンター席で賞味することにした。2時過ぎていたが、安くてリッチな昼めし。コンビニのようなプラスティックの透明な器ととん汁のカップが寂しい気がしないでもない。だが、おむすびは手づくり感にあふれ、温かさが伝わってくるようだった。日本昔話の世界とコンビニの世界の融合?

          千米屋③ 
          温かい手軽

おむすびの形と大きさはおむすびチェーン「権米衛」とよく似ている。まずはおかかを賞味することにした。海苔は黒々としていて、いい海苔を使っているようだ。新潟産コシヒカリのご飯は固めに炊かれていて、手で持っただけで崩れてきそうだった。かなり柔らかい握り。中のおかかは最初、あれっと思えるほど姿が見えなかったが、奥に隠れていた。分量は多くはないが、少なくもない。ほどよい加減。

          千米屋⑤ 
          固めの新潟産コシヒカリ
          千米屋1 
          ご飯とおかかのバランス
          千米屋⑥ 
          ここからが美味

紅さけも柔らかい握りで、ほどほどに旨い。紅さけ自体は中塩で、温かいご飯とよく合う。とん汁はたまたまなのかもしれないが、肝心の豚肉が一切れというのが寂しい。その分、大根はしっかり入っていた。若いサラリーマンやOLにこの「ゆるキャラ風おむすび」がウケるのはよくわかった。

           千米屋⑧ 
           紅さけ様~
           千米屋⑨ 
           たまらん
           千米屋⑦ 
           自家製とん汁

だが、村長にはやや物足りない。しっかりと握られたおむすびが頭に浮かんだ。日本昔話の世界はホントに昔話の世界になっちまったということか。都会の中の擬似日本昔話の世界。それも悪くはない。

そりゃ、おむすびではなくておにぎりだよ。あるいは握り飯。おむすびはこんなもんだよ。もっと勉強なさい。第一、若い人にウケているんだからいいんじゃないかい」
どこかから、ヒゲじいの声が聞こえた。


本日の大金言。

コンビニ文化はもはや生活の一部になっている。「美しい国」とか「取り戻す」を公言するどこかの国の首相からも、コンビニの匂いがするのは偶然ではない。コンビニ問題は難問である。



                     千米屋10 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR