ついに潜入、行列のお化けうどん屋

 ゴッドマザーの快気祝いを兼ねて、群馬県桐生市相生町にある「めん処 ふる川 暮れ六つ」に行くことにした。桐生にはうどんの美味い店が多い。ここはこれまで二度入ろうとしたが、あまりの行列に断念した店である。今回は平日、それも正午30分前に乗り込むことにした。これで入れなかったら、もう二度と来ないぞという気持ちで乗り込んだ。

           ふる川③ 
           正午前でこの待ち人

それでも駐車場は一杯で、入るまでに15分ほど待たされた。店内はかなり広く、右手が板の間の座敷になっていて、左手がテーブル席。中央が通り道になっていた。ウマズイめんくい村の怪しい一行は左手のテーブル席に案内された。奥が板場になっているようで、外からは見えないが、数人の料理人がいるようだ。

           ふる川④ 
           うどんは待つためにある?
           ふる川⑤ 
           3種の仁義
           ふる川⑥ 
           ひもかわだっぺ

ここの名物は幅広うどん「ひもかわ」。むろん普通のうどんもある。村長は「肉なすつけ汁」で「ひもかわ」(税込920円)を頼んだ。村民2号は「なすつけ汁」で普通の「うどん」を選んだ。ゴッドマザーは「しめじつけ汁」で「そば」を頼んだ。温と冷えらべるが、全員「温かいつけ汁」を選んだ。だが、なかなか来ない。村民2号が「イライラしてきた」と文句、ゴッドマザーは「ここで昼寝したくなってきた」とボヤく。

結局、30分以上待たされて、順番に料理がやってきた。「肉なすつけ汁 ひもかわ」は村長の想像の範囲を超えていた。怒りが吹き飛ぶほどの衝撃。村長はこれまで埼玉・鴻巣「馬力屋」の川幅うどんや同じ桐生市の老舗「藤屋本店」のひもかわなど、驚嘆の幅広うどんを賞味しているが、こと幅広さという意味では、ここが一番。ゆうに10センチはあろうかという幅の、一反もめんのようなうどんがきれいに畳まれて、皿の上に鎮座していた。なんだ、こりゃ?

           ふる川1 
           なんだこりゃ?
           ふる川11 
           想像を超えていた

どうやってかようなものを茹で上げているのか、普通の茹で方で茹でているとは思えない。それを何とか箸ですくってみる。まるでワンタンか湯葉のようなのに、切れそうで切れない。せいぜい1ミリほどの薄さ。それが数えてみたら8枚!つるっとした食感で、想像していた大味ではない。意外な風味と美味。

温かいつけ汁は大きなドンブリにたっぷり入っていて、大きめの豚バラ肉となすがごろごろ浮かんでいた。脂がキラキラ浮いている。合い間に長ネギも見える。かなり濃い目の関東の甘辛味で、一反もめんのようなひもかわを何とかつけて口中に運ぶ。意外やつけ汁の濃さが冷たいお化けひもかわと絶妙に合う。口まで運ぶ工程のややこしさを一瞬だけ忘れる旨さ。すっかり食べ終えると、腹が5センチほど膨らんだ気がした。

          ふる川⑨ 
          肉なすつけ汁
          ふる川13 
          お化けだぞ~

「うどんはまあ普通かな。うどん屋でこんなに待たされたのは初めて。私もひもかわにすればよかったわ」
「アタシもだよ。そばはこんなに待たされてまで食べたいとは思わないよ。アタシの快気祝いなのに、村長が一番おいしいところを持ってったよ。待ち疲れで、また病気になりそうだよ」
「・・・・・」


本日の大金言。

待たされてまずかったら、腹が立つ。待たされても美味かったら、顔が立つ。待つ間に人はさまざまな妄想を抱く。









                       ふる川14 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR