流行を追わない氷宇治金時

 「メンマル」で420円冷やし中華を食べた村長は、ひさご通りをぶらぶら。このまま「徳太楼」にでも行って、デザートにきんつばでも買おうかと算段していると、前方にかき氷の旗がひらひら見えた。道中で絶世の美女に出会ってしまった気分。知る人ぞ知る「甘味処 初音茶屋」である。足が勝手に動く。甘味中毒者の悲しいサガ。

           初音茶屋① 
           この佇まい(ひさご通り)

初音茶屋は戦後創業の甘味屋で、原浅草の匂いを残している。店構えはシンプルで、チャラチャラしていない。テレビで取り上げられるような過剰な宣伝も見当たらない。かき氷の旗がなければ本当に中でかき氷を売っているのかさえわからない。本物の東京の下町はこうでなくっちゃ。外面より中身。村長はすぐに飛び込んだ。

店内はカウンター席とテーブル席が5つほど。ちょうどいい広さで、女性客があちこちでかき氷を食べていた。目の前に冷たい薄茶がサッと出された。年季の入った女将と主人が二人で切り盛りしている。村長は「氷宇治金時」(600円)を頼むことにした。あちこちから「美味いわねえ」という溜息のような声が漏れてくる。ひょっとして桜かな、とも疑ったが、どうやらそうではない。

           初音茶屋1 
           昔の浅草の匂い
           初音茶屋② 
           迷うところ

カウンターの向こう側で主人がかき氷をかき始める。7~8分ほどでお盆に乗った「氷宇治金時」がやってきた。どっしりとした正統派のガラスの器に富士山のようなかき氷がゆったりと広がっていた。ひと目でそのかき氷のきめ細かさがわかった。氷というより雪のようなふわり感。宇治抹茶のシロップが頂上付近から広がっている。その自然な色。

           初音茶屋③ 
           氷宇治金時さま

スプーンでひと口。抹茶シロップは多分自家製で、抹茶の自然な苦みと甘いシロップがほどよく溶け合っていた。ふんわりした、湿気の多い、柔らかな氷だった。女将に「これ、天然氷?」と聞いてみた。「いえ、うちはそんなものは使っていませんよ。いつもの氷屋の氷です。ただ、それを一反保冷器に入れて、すこし温度を下げてから削るんです。だから、柔らかいんですよ」。うむむ。そんなやり方があるとは。「昔からの東京のやり方なんですよ。かき氷とフラッペは違うんですよ」。やられた。

           初音茶屋⑤  
           柔らかい雪氷
           初音茶屋⑧ 
           抹茶シロップ
           初音茶屋⑥ 
           煮小豆が見えてきた

雪のようなかき氷を崩していく。すると、底の方から金時小豆の姿が見えてきた。これがまた不思議だった。見慣れたつぶしあんではなく、まるで煮小豆のように一粒一粒独立していた。そのふっくらとしたつややかな姿。口に運ぶと、甘さを抑えたいい小豆の冷たい風味が広がった。氷あずきでは初めての食感。きれいな食感。

           初音茶屋⑨ 
           およしになって~
           初音茶屋⑦ 
           つぶさない

「うちは小豆をつぶさないんです。こしあんとは別に作るんですよ」
女将がそう説明してくれたが、つぶしあん好きの村長としては、やや物足りなさも残る。だが、このやり方を昔からずっとやり続けていることに敬意を表することにした。お腹に溜まらないすっきりとしたいいかき氷だと思う。値段も虎屋のようにベラボーではない。浅草の本物のかき氷を食べ終えると、遠くで物売りの声が聞こえた気がした。江戸家猫八はどうしているか、気になった。


本日の大金言。

何も足さず何も引かず。本物はさり気ない。だからこそ食べる側の見分ける能力が試される。




                      初音茶屋11 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR