「のぼうの街」のさぬきうどん

 「のぼうの城」で有名になった埼玉・行田市は村長の好きな街の一つ。うどん戦国地図があるとしたら、このあたりは武蔵野うどんの勢力圏だが、行田市役所前に気になるうどん屋がある。木造りのしゃれた外観。「うどん」と大きく書かれた白いノレンが下がっている。よく見ると「大地」という店名で、右側に「あなたは、ぶっかけ派? それとも、生醤油派?」というクイズ番組みたいなキャッチコピーが書かれている。

           大地① 
          気になるうどん屋

店が醸し出す雰囲気から、村長はここはさぬきうどんの店ではないか、と推測した。中の様子を窺うと、客が5~6組ほど。午後2時過ぎでまずまずの混み具合。これは期待できるかもしれない。店内は長い両面のカウンター席があり、その奥にはテーブル席が3つほど。スタッフは男性2人と女性2人。村長はカウンター席に座り、メニューを見る。やはり、基本はさぬきうどんで、「ぶっかけ、かけ、生醤油、ざる」の4種類の中から選ばなければならない。

           大地③ 
           メニューは複雑

村長は生醤油を選んで、「ちく玉天」(税込み886円)にした。ちくわ天2個と半熟たまご天1個のセットで、「うどんは冷たい方」と頼んだ。並で300グラム。はなまるや丸亀製麺のようなセルフではないし、値段も安くはない。強いて言うと、今東京・人形町で人気のさぬきうどん屋「谷や」と同じスタイル。素材に対するこだわりが半端ではない点も似ている。

さぬきは茹で上げるのに時間がかかる。15分ほど待って、砥部焼き(?)の深い器に盛られたうどんと「ちく玉天」がお盆に乗ってやってきた。
「生醤油をひと回り半かけてください。生醤油は香川から老舗のものを取り寄せてます」
女性スタッフが丁寧に説明してくれる。見た目はどう見てもさぬきだが、「小麦は香川産と北海道産、それにオーストラリア産をブレンドしている」とかで、「純粋にさぬきうどんではないんです。いわばオリジナルうどんです」とおっしゃる。

           大地④ 
           生醤油うどんとちく玉天
           大地⑤ 
         どう見てもさぬきだが・・・
           大地⑥ 
          ちくわ天と半熟たまご天

うどんはさぬきよりもやや細いが、コシといいもっちり感といい、ノド越しといい上質なさぬきそのもの。村長はふた回りほど生醤油をかけ、大根おろしと分葱とともにかき混ぜる。これが美味だった。生醤油はあの丸尾醤油のもので、イリコの出汁が沁み渡っているようで、旨味がひと味違った。もちっとしたうどんによく絡む。

           大地⑦ 
          こだわりの生醤油を・・・
           大地⑧ 
         ま、まずはズズッと
           大地⑨ 
           生醤油をたらーり

ちくわ天は小ぶりで、もう少し大きい方がいいと思うが、カラリと揚げられていて、チェーン店のものよりも美味い。半熟たまご天は半熟というより三分の二熟だったが、こちらも「谷や」のものとそう遜色はなかった。抹茶塩やカレー塩などさまざまな味も楽しめる。全体として北埼玉で本格的なさぬきうどんを楽しめる店だと思う。だが、いかんせん価格設定が高いと思う。もう少し安いメニューを工夫すれば、のぼう様も喜ぶし、ウマズイめんくい村の村民も踊ると思うのだが。


本日の大金言。

高くて美味いより安くて美味い。うどん戦国時代でも、生き残るのは多分、そこを見極めた職人技だと思う。





                      大地15
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR