搾り立て牛乳とメロンパン

 ポンコツ車の旅で見つけた掘り出し物をご紹介しよう。信州・東御から県道40号線を白樺湖方面へとドライブ中に、広大な牧場が見えてきた。「蓼科第2牧場」で、霧に煙る荒船山をバックに馬が放牧されていた。その美しさに村民2号が感嘆の声を上げた。その入り口にロッジ風の一軒家。「牛乳専科もうもう」の看板。牛乳好きの村長の好奇心がむくっと起き上った。

          蓼科牧場① 
          絶景かな~(蓼科第2牧場)
          もうもう 
          牛乳専科もうもう

入るとウッディーな造りで男性スタッフと女性スタッフが数人働いていた。頭上にメニュー板があり、「冷たい牛乳 大250円 小200円」「コーヒー牛乳 320円」「ソフトクリーム350円」などなどの文字が見えた。搾りたての牛乳! 村長は「冷たい牛乳 小200円」と、入った時に目を付けていた「メロンパン(180円)」を頼むことにした。村民2号は「ホットコーヒー290円」と「クルミパイ(210円)」

           もうもう① 
           ひと味違うメニュー
           moumou.jpg 
           焼きたて自家製パン

パンはここで焼かれていて、奥からパンの香ばしい匂いといい牛乳の香りが漂ってくるようだった。驚いたことに牛乳はビールジョッキで、そこにアルミの大きなヤカンからどくどくと搾りたての牛乳がほとばしった。牧場の豪快な注ぎ方! 窓から牧場が見える。いつの間にか高校生の団体がドドドと入ってきた。ほとんどがソフトクリームを注文し美味そうになめていた。

           もうもう③ 
           豪快な注ぎ方
           もうもう⑤ 
           正統派メロンパン

牛乳は濃厚で、ひと口で新鮮さがひと味違った。ほのかな甘みと牧草の匂いがする。メロンパンは正統派のメロンパンで、ビスケット生地が厚めで、中のパン生地はふわっとしていてしっとり感もある。ここにも牛乳の美味が流れている。意外な掘り出し物に村長の胸がピコピコした。これだからポンコツ車の旅は止められない。

           もうもう⑨ 
         ビスケット生地と中のしっとり感
           もうもう11 
        クルミパイの美味
           もうもう10 
           絶望することはない

「クルミパイもイケるわよ。パイ生地が厚くて、中はカスタードクリームに細かく砕かれたクルミが入っているわ。甘さよりも塩気が効いていてそれがいいわ。コーヒーは普通かな」
「ソフトクリームとコーヒー牛乳もきっと美味いだろうな」
「ダメよ~、ダメダメ。予算がないわ」
「いいじゃないの~」
あまりにくだらない会話がしばらく続くのだった。日本は平和である。

本日の大金言。

信州は北海道に劣らない自然の味覚の宝庫だが、ガイドブックにない意外な美味があちこちにある。それを探す楽しみ。







                       もうもう13 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR