まさかの前衛的「冷やしカレーうどん」

 江戸表の用事で茅場町に立ち寄った後、久しぶりに北千住で途中下車。ジャズバー「ゆうらいく」に行くには時間が早い。残暑の夕暮れの中、宿場町通りをブラ歩きする。すると、「カレー屋さんの冷やしカレーうどん」の幟(のぼり)が目に入った。冷やしカレーうどん? 先日「冷やしカレーライス」をメニューにしている店はないかと情報網を駆使して探したが、発見できなかった。「冷やしかつ丼」があるのだから、「冷やしカレーライス」があってもおかしくない、そう思ったからだ。

           JSカレー① 
        むむ 「冷やしカレーうどん」だとお?
           JSカレー 
            国籍不明の店構え

その空振りを埋め合わせするかのように、「冷やしカレーうどん」の幟(のぼり)。これは入るっきゃない。「J’Sカレー」というカレー屋で、今年5月にオープンした店だった。不思議な店で、「大江戸の黒カレー」や「赤カレー」が売りのようで、「千住葱(ねぎ)」をメニューに入れてもいる。アジアンテーストの匂いもする。

          JSカレー③ 
          大江戸のカレーって何だ?

厨房を囲むように半円のカウンターがあり、椅子は10席ほど。村長はすぐに「冷やしカレーうどん」(750円)を頼んだ。スタッフは男2人。
「珍しいね。冷やしカレーうどんなんて初めてだよ」
「うちのオリジナルなんですよ。シェフが和食の料理人だったので、工夫して作ったものです。夏の間の限定メニューです」
店主らしい男がそう説明する。

シェフは無口で、黙々と「冷やしカレーうどん」を作っている。12~3分ほどで、その珍しいものがやってきた。白い角形の平皿に黄色い冷やしカレーうどんが盛られ、その上にはタマネギのドデカいかき揚げ、さらにその上には白髪ねぎ(千住葱)が盛られていた。レンゲには肉味噌が盛られている。何というビジュアル。それだけではない。高菜に包んだ大きいおにぎりが皿の隅に乗っかっていた。

          JSカレー⑥ 
          ドヒャーッ1
          JSカレー⑦ 
          ドヒャーッ2
          JSカレー⑤ 
          ドヒャーッ3

このあまりに前衛的な冷やしうどんを分類するのは止めにした。目の前にある物がすべて、と思うしかない。村長はまずはうどんを口に運んだ。つるっとした食感、もちもちしたコシ、ノド越し。はなまるうどんのような食感で、悪くはない。カレーのルーは小麦粉とカレー粉をベースにしたスパイシーなカレーで、奥に和風の出汁の存在も感じた。

          JSカレー⑧ 
          冷たいB級の美味
          JSカレー10 
          ニッポンの正統

肉味噌を箸で溶かしながら食べると、これが意外に美味。冷たいうどんが生きている。タマネギのかき揚げはカラッと揚げられていて、それなりに美味いが、欲張り過ぎの感じがしないでもない。高菜のおにぎりは中にシーチキンが入っていて、フツーに美味い。野心的で、実に斬新なメニューで、わけがわからない点もないではないが、その意気やよし。北千住の新しい名物になる可能性だってある。

村長は食べ終えると、ひょっとしてこれは明治維新後あんぱんやかつ丼を発明した日本の「何でもありの文化」の正当な後継かもしれないと思い直した。


本日の大金言。

事実は小説より奇なり。イギリスの詩人バイロンが、もしこの「冷やしカレーうどん」を食べたら何というか聞いてみたい。織田信長なら喜ぶかもしれない。




                        JSカレー12 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR