重量級の衝撃「タルトモンジュ」

 東京・日本橋を散策中に「コレド日本橋」で見つけた重量級の甘い衝撃をご紹介しよう。日本橋周辺はエンターテインメント新聞社時代の村長が毎日のように歩いたエリアで、「丸善」に立ち寄ったついでに、ふと「コレド日本橋」のB1でパンでも買おうかとに足を伸ばした。ここにはパリに本店があるあのブーランジェリー(ベーカリー)「メゾン・カイザー」がある。評価の高いパン屋。

           メゾンカイザー⑨ 
     メゾン・カイザー(東京・日本橋コレド店)
           メゾンカイザー3 
           つい見入ってしまった

「クロワッサン・オ・ザマンド」(324円)に見とれていると、隣にいた女性たちが奥にあるカフェコーナーに移動し始めた。フェロモンの法則なのか、村長も自然とそちらに移動する。そこで、美味そう光線を放っている「タルトモンジュ」(単品452円、飲み物付き850円)を発見してしまった。タルトモンジュって何だ? 店のスタッフに聞いたら、「うちのオリジナルで、洋菓子では人気ナンバーワンの大人のタルトです」。むむむ。その紅色の重厚なビジュアルに村長の胸が高鳴った。有無を言わせぬ圧倒。

           メゾンカイザー1 
           流し目が・・・

カフェコーナーは女性ばかりで男は見渡しても村長一人。穴があったら入りたい。飲み物はアイスティーを頼んだ。3~4分で、白い磁器皿に乗った「タルトモンジュ」が登場。その甘い威厳に、「いよっ、女王様!」と掛け声を掛けたくなった。一辺が7~8センチくらいありそうな真四角で、厚さは4センチくらいありそう。デ、デカい。一番上はラズベリー、チェリー、カシス、ブラックベリーが透明なゼリーで固められていて、赤紫と赤と黒紫が宝石のように閉じ込められていた。思わずため息が出かかる。

           メゾンカイザー② 
           タルトモンジュ登場
           メゾンカイザー③ 
           どきなさい    
           メゾンカイザー④ 
           5層の衝撃

その下はフロマージュブラン(クリームチーズと生クリーム)とタルトが交互に層になっていた。数えてみたら全部で5層。これを食べていいのか、迷いつつ、フォークを入れる。口に運ぶ。ゼリーに包まれた4種のベリーの酸味と甘い果実味が口中に広がる。そこにフロマージュブランが濃厚でねっとりとした甘みで絡んできた。来た来た来た。反則すれすれ。リキュールも入っているのだろう、脳を酔わせる官能的な美味という他はない。

           メゾンカイザー⑤ 
           甘党にはたまらない

一番底のタルトはざくっとしていて、複雑な甘みにアクセントをつけている。真ん中のタルトはフロマージュブランの侵出を受け、スポンジのように柔らかくなっている。かなり大きいので、とても一人では食えないという不安もあったが、あっという間に食べてしまった。パン屋の洋菓子にしては美味過ぎる。甘味中毒者の後ろめたさ。この罪悪感はどこから来る?

           メゾンカイザー⑥ 
           ベリーが4種
           メゾンカイザー⑦ 
          ガブリの余韻

「これって、パリでも全く同じもの?」
村長がスタッフに聞くと、
「多分同じだと思います」
しばしアイスティーで興奮を鎮める。これはスイーツ界の禁断の世界かもしれないぞ。村長は何故かアダムになった気分で、「メゾン・カイザー」を後にした。残暑の空の下。怪しすぎる後ろ姿・・・。


本日の大金言。

洋菓子より和菓子。だが、時に魂消た洋菓子に出会うこともある。和魂洋才。洋魂和才。洋魂洋才・・・。




                       メゾンカイザー⑧
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シンパイ

自分を「甘味中毒者」と位置づけて紙一重の世界を繰り広げる。あなたの頭が心配です(笑)。たかがケーキ一個でここまで書くか。こんなものをぺろりと平らげるのもどうかしている。最後まで読んでしまったのが悔しい。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR