山寺で味わった「冷たい肉そば」

 秋晴れの中、会津若松から山形市の「山寺(立石寺)」へと青いポンコツ車が向かった。山寺は松尾芭蕉が名句「閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだ場所でもあるが、ウマズイめんくい村一行の最大の目的は、むろん食べること。ここの門前のはずれにある老舗「瀧不動生蕎麦(たきふどうきそば)」はそば好きの間でも知られている。蝉の声より寒ざらしそば! 

「山寺は一度来たかった場所。1050段の階段を絶対登りきって見せるわ」
杉木立に囲まれた石の階段をぜいぜい言いながら登る。途中5回ほど休んで、約1時間後、頂上の五大堂に到着。そこから見た眺めの素晴らしさと壁に書かれた落書きの多さ。その落差。
「芭蕉を想って一句。閑さも岩も隠れる人の声
「くだらない。芭蕉が怒るわよ。早くそば食べに行きましょ」

           山寺⑤  
       はや紅葉? 五大堂は目の前(立石寺)

「瀧不動生蕎麦」は創業が江戸時代末期で、観光案内所によると、「寒ざらしを食べさせてくれるのはここだけ」とか。秋に収穫した玄そばを月山の湧水に浸し、それを長時間かけて乾燥させ、さらに石臼で挽くという手間暇のかかる作り方をしている。そのためそば自身の風味がひと味違うという。暖簾をくぐると、見事な欅(けやき)づくりのテーブル(8人掛け)が5つほど。さらに座敷が2部屋もある。巨木の柱と囲炉裏もある。村民2号がひと言「気に入ったわ」。
       
           瀧不動① 
           瀧不動生蕎麦

メニューの中から、村民2号が噂の「寒ざらしそば」の板そば(1600円)を選び、へそ曲がりの村長はもう一つの逸品「冷たい肉そば」(750円)を選んだ。「冷たい肉そば」は山形ならではのそばで、本場は近くの河北町谷地だが、この「瀧不動生蕎麦」も評価が高い。こちらのそばは寒ざらしではなく田舎そば。

           直し    
           いいお値段
           瀧不動② 
           目は冷たい肉そばへ

10分ほどで「寒ざらし 板そば」が到着。長方形の板の器に盛られた寒ざらしそばは、ややグレーがかった中細の手打ちそばで、量がざるそばの1.5倍ほどもある。値段が高いのもやむを得ない? 続いて、「冷たい肉そば」がやってきた。縦に長い、底の深いどんぶりに真っ黒い田舎そばが沈んでいた。その上には斜め切りされた鶏肉、わらび、ぜんまい、きのこ、刻みネギが乗っかっている。只者ではない雰囲気が漂っていた。

           瀧不動⑥ 
           どひゃー、寒ざらし板そば
           瀧不動④  
           これが冷たい肉そば

村長は「冷たい肉そば」のスープをひとすくい。冷たさがしみ入る。すぐにやや甘めの、鳥のまろみのある出汁が口中に広がった。悪くない。黒いそばは中太で、コシが強い。いや、強いというよりむしろゴワゴワした食感。鳥肉は出汁を取り終えた親鳥の肉を使っているのだろう、コリコリした歯ごたえ。面白い食感。それにきのことわらびとぜんまい、ネギがいいハーモニーを作っている。B級の美味。

           瀧不動⑦ 
           親鳥の肉と具・・・
           瀧不動⑧ 
        黒い田舎蕎そばの歯ごたえ
           瀧不動12 
         鳥の甘みたっぷりのツユ

「最初、肉って豚肉かと思ってたよ(笑)。親鳥の肉だったとは。ボリュームもかなりある。暑いときに食べたらもっと旨いと思う」
「寒ざらしそばはコシと風味が確かにひと味違ったわ。食感がシャキッとしていて独特。香りは思ったほどではなかったけど、この前食べた戸隠そばと比べても負けていない。鰹の出汁の効いたツユの旨さもマル。値段だけが問題だけど。ま、その分、村長が補ってくれたけど(笑)」
「ネ、ネ・・・寒ざらしをちょっとだけチョーダイ・・・」

本日の大金言。

「寒ざらし」と「冷たい肉そば」。山形の味覚文化は想像以上かもしれない。藤沢周平の小説でもその一端が垣間見える。



                      瀧不動13 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR