奥会津のそばの奥は深すぎる

6月6日が「ムムの日」であることを知ってる人はほとんどいない。村長が作った日だからのう。自分の足元をムムとつぶやいて、じっくり見つめ直す日。特に福島の原発事故以来、日本はどこか狂っとる。だから、ムムの日が大事なんじゃよ。

で、その日にふさわしい蕎麦屋を発見してしまった。加須はうどんばかりではない。とっかかりは村民、いや村犬のチャイ君が聞きつけてきた情報である。
はあはあベロで「村長、いい蕎麦屋がありますワン」
「ふむふむ」とワシ。
「藤の花でも少々知られている騎西町にある山福という店ですワン」

        加須・山福外観
 

で、行ってみた。玉敷神社近くの住宅街の一角。純手打ち「山福」という旗がはためいている。入ると、畳敷きの和室に見事な1枚板の和テーブルが4つ。こじんまりと清楚な風情。玄そばは奥会津矢の原高原の霧下蕎麦を使っているとか。

それを自家製粉石臼で何度も引いているというかなりのこだわりよう。
で、だ。金欠病の村長はメニューの中から、財布と満足度をあれこれ勘案して、野菜天ぷらセット1000円を頼んだ。
まず、そば。二八そばである。つゆに付けずにひと口。むむむ。いいそばの条件である香りとシャキッとしたのど越しが口中に涼風を運んできた。掛け値なくうまい。だし汁も甘くもなく辛くもなくまろやか。

「そばは一番粉だけを使ってるんですよ」と女店主。「塩で食べてもうまいですよ」

水は奥会津まで行って天然水を汲んでくるとか。さり気なくこだわりを話す。

他にメニューは盛りそば1枚700円。きのこ汁セット950円など。加須だけにうどんもある。
奥会津のそばを看板にしているだけに、季節限定の山菜やきのこ類の天ぷら、小どんぶりもある。
こんな目立たない場所にこんないい蕎麦屋があるとは、正直仰天だ。日本の食職人はまだちゃんと生きている。

そう確信して、村長はよろよろと山福を後にしたのだった。

        加須・山福野菜天もり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR