田んぼの中の「孤高のそば屋」

 世の中は実に広い。ポンコツ車を飛ばして東奔西走していると、思わぬ隠れ名店に出会うことがある。今回ご紹介するそば屋はその極め付けと言えるかもしれない。

最近知り合った司法書士の敏腕女史からお誘いの電話が入った。
「埼玉・羽生の郊外に凄く美味いそば屋さんがあるのよ。週3日、土日月曜しか店を開けないんです。それも売り切れ御免で、正午過ぎに終わってしまうことも多いのよ。よかったら、これからみんなで行きませんか?」
電話口で耳をそばだてていた村民2号が、「行く、行く」とせっついた。
           たけ田① 
         田んぼの中の隠れ名店

その1時間半後、敏腕女史の案内で、国道125号線羽生バイパスをひた走り、そこから一本はずれた田舎道で先導する車が止まった。一行7人。辺り一面ぐるりと田んぼ。空が高い。その一点に「手打ちそば」の幟(のぼり)がひるがえっていた。ポエム! 「そば処 たけ田」の看板。そこからさらに奥に古い一軒家が見えた。そこが目的のそば屋さんだった。
            たけ田 
            週3日、売り切れ御免
            そば処たけ田 
            まるで隠れ家?

午前11時45分到着。予約を入れていたので、スムーズに入れたが、すでに待っている客が4組ほどいた。メディアにもネットにもほとんど取り上げられていないので、口コミだけで静かな人気になっているようだ。席は廊下を挟んでテーブルが4つとソファ席が一つしかない。
                  たけ田③ 
       廊下を挟んで2部屋のみ

店主はそば好きが高じて、会社をリタイア後、3年前に奥さんと二人で自宅を改装してオープンした。そば好きも半端ではない。全国をそば行脚し、プロのそば職人に負けない修業と研究を重ねたそう。メニューは多くない。それが欠点と言えば欠点かもしれない。村長は定番の「もりそば」(650円)と「かき揚げ」(100円)を選んだ。全員同じもの。
           たけ田④ 
           メニューは少ない

17~8分ほど待って、お盆に乗って、もりそばとかき揚げがやってきた。小鉢とお新香も付いている。このそばが絶品だった。二八の挽きくるみで、茶グレーの見事な細打ち。星が点々としている。ひと目でこのそばが只者ではないことがわかった。近くの加須・騎西産の玄そばを使用しているそう。あまりに意外な発見。
           たけ田⑤ 
         もりそばとかき揚げプラス・・・
           たけ田11 
         加須産の玄そば挽きくるみ
           たけ田⑦ 
           ツユも美味
           たけ田⑧ 
           風味がいい

口に入れた途端、新鮮なそばの風味がふわりと広がり、コシといい、ノド越しといい、文句のつけようがない。そば自体の甘みもかすかに漂ってくる。村長が今年食べたそばの中でベスト5に入ると思った。ツユはやや甘め。鰹節と昆布の出汁がかなり効いていて、かえしもきつくない。その穏やかな旨味がそばに絡んでくる。至福、しふく・・・そうつぶやきたくなる。
           たけ田⑨ 
           100円の至福

「こんなところにこんな店があるなんて、驚き。ホント、驚いた。かき揚げも3種類で100円とはね。すべて自宅で作った野菜だって。美味いはずだわ。デザートにチーズケーキセット(300円)も頼むことにしたわ」
村民2号がキツネにつままれたような顔で言った。
           たけ田12 
        手づくりチーズケーキセット300円ナリ

「ここはちょっと教えたくないな。食べログなんかに出たら、大変なことになるかもな。週3日営業というのもそれ以上は無理ということのようで、客が殺到したら困ることになる。そっとしてあげたい隠れ家のそば屋さん・・・」
「と言ってブログに書くんでしょ?」
「まあね。サガだから」
「・・・・・」


本日の大金言。

プロと半プロと素人。脱サラやリタイア後のそば屋も増えている。だが、その腕前は玉石混交。プロのレベルが落ち、素人のレベルが上がっているということもある。そば界もミュージックシーンと同じ現象が起きているようだ。





                       たけ田10 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR