築地より穴場、足立市場の絶品定食

 昨日はクリスマスイブ。だが、ウマズイめんくい村にサンタは来ない。代わりにポンコツ車を飛ばして、東京・北千住へと向かうことにした。目的は千住大橋にある足立市場のランチ! 意外と知られていないが、足立市場は今や観光化してしまった築地市場よりも規模は小さいながら、安くて旨い食堂が数軒ある。ここもれっきとした東京都中央卸売市場である。

正面入り口から入ると、すぐ右手に食堂街がある。寿司屋、ラーメン屋など7軒ほど。築地のような観光客がほとんどいない。昔の魚市場の雰囲気。だが、村長の目的はそのさらに先にある「カフェ食堂 みどり」である。ここは一応場外ということになっているが、ま、場内にしか見えない。守衛さんに聞くと、「場外ですよ」。
           カフェ食堂みどり 
           築地よりこっち?ランチの穴場

昭和の匂いが色濃く残る2階建ての古ぼけた建物を見上げると、「カフェ食堂 みどり」の看板が。ここだ、ここだ。村長がかつて北千住に別荘(?)を持っていた時に、一度だけ来たことがある。2階への急な階段を上る。ドアを開けると、市場で働いている人か関係者が旨そうに定食を食べていた。スポーツ新聞が無造作に置かれ、テレビがのんびりと流れている。クリスマス気分などカケラもない。
           カフェ食堂みどり① 
           昭和がそのまんま
           カフェ食堂みどり② 
           2階がカフェ食堂みどり
           カフェ食堂みどり③ 
           意外過ぎる?店内

意外に広い。皮張りのソファとテーブル。そこだけ見ると、豪華なレストランだが、壁にベタベタと貼られたメニューは大衆食堂そのもの。「さばみそ定食」(650円)、「カキフライ定食」(900円)などなど。村長はその中から「ゆで豚とまぐろブツの定食」(950円)を選んだ。「当店のおすすめ定食!」と書いてあったからである。
           カフェ食堂みどり④ 
           メニューは空から

ここは前金制なので、一瞬戸惑うが、世話焼き風のおばさんの感じが悪くないので、あれこれ話しながら待っていると、10分ほどでお盆に乗った「当店おすすめ」がやってきた。油揚げとキャベツの味噌汁、炊き立てのどんぶりご飯、見るからに新鮮なまぐろブツ、それに厚めに切られたゆで豚が6枚ほど大皿に盛られていた。壮観。ゆで豚の下には野菜炒めが敷かれていた。サンタが来た?
           カフェ食堂みどり⑤ 
           ゆで豚とまぐろブツの定食

ゆで豚は松阪ポークのバラ肉を使い、焼いてからじっくりと茹でるそう。湯気が立っている。白い脂の部分と赤身のバランスがきれいで、それを自家製の甘辛ダレに付けて口中へ。柔らかさと肉自体の旨みと甘み、それにタレが三位一体となって口内を支配した。うむむ。和辛子も付けてみる。
           カフェ食堂みどり⑥ 
           松阪のゆで豚どすえ
           カフェ食堂みどり⑨ 
           秘伝のタレに付ける
           カフェ食堂みどり13 
           炊き立てのご飯へ

ご飯は多分ひとめぼれ。柔らかめに炊かれているが、炊き方が上手いのだろう、固めが好きな村長でも出かかった文句を引っ込めたくなるほどの味わい。ゆで豚と一緒にかっ込むと、じわじわと至福感に包まれた。
           カフェ食堂みどり⑦ 
           まぐろブツの鮮度

まぐろブツの鮮度の良さ、出汁の効いたみそ汁・・・わき役陣にも神経が行き届いている。一見雑な定食屋だが、単なる定食を超える旨さだと思った。

「全部いいものを使ってるんですよ。ご飯も新米です。やっぱりご飯が旨くなくっちゃね」とおばさん。B級の上質。昭和の魚市場の実力。サンタは来ないが、おばさんがいた。お腹いっぱいの満足感。奥の厨房から、店主らしい男性が無言でこちらを見た。メリークリスマス!


本日の大金言。

ゆで豚とまぐろのブツ。こういう組み合わせがあってもいい。デコレーションケーキやチキンばかりがクリスマスではない。





                      カフェ食堂みどり15
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR