門前仲町・伊勢屋の「深川もち」

今回取り上げるのは「深川もち」。 門前仲町・深川不動尊赤鳥居前にある「深川伊勢屋」は村長にとってはよく通った店。きんつばや豆大福もそれなりに美味いが、伊勢名物「赤福餅」によく似た「深川もち」は手軽で美味、特別な存在だった。

「深川伊勢屋」は明治40年(1907年)創業。屋台から身を起こし、清澄庭園近くの平野町に店を構えた。昭和30年代に現在の場所に本店を移転している。池波正太郎や小津安二郎も通った「きんつば清水」(昭和56年頃に廃業)は参道奥左手にあったらしい。村長の最大の後悔の一つは清水のきんつばを食べれなかったこと。タッチの差だった。人生は思うようにならない。
           深川伊勢屋① 
           深川餅やーい(東京・門前仲町)

久しぶりに門前仲町に寄ったので、「深川もち」(12個入り 税込900円)を買い求めた。赤福は偽装表示問題以来、見た目も味も変わってしまった。たまにお土産でもらって食べても、昔の感動はない。「深川もち」はどうか? 恋人と久しぶりに再会したような気分でウマズイめんくい村に持ち帰って賞味することに。村民2号が急須を持って待ち構えていた。
           深川伊勢屋②  
           深川もち様!

包装も箱も昔のまま。経木を取る時の瞬間がたまらない。きれいなこしあんに包まれた「深川もち」が12個、整列していた。「赤福餅」はこしあんが二本の指でなぞった形だが、「深川もち」は茶巾絞り状である。こしあんの風味がとてもいい。小豆は北海道産小豆、砂糖はザラメを使っているためか、サラッとしていて、すっきりした雑味のない味わい。甘さも控えめ。
           深川餅① 
           急ぐな、恋人よ
           深川餅③ 
           この瞬間がたまらない
           深川餅② 
           壮観の連なり

餅は国産もち米を使い、搗(つ)いた餅に蜜入れをしながら煉ったもの。その柔らかな食感と歯ごたえがきれいなこしあんとよく合う。かつては「赤福餅」の野暮ったさが好きだったが、今では「深川もち」の方が村長の好みに近い。特別な美味さ。あっという間に12個のうち7個なくなっていた。
           深川餅④ 
           上質なこしあん
           深川餅⑨ 
           後ろから失礼
           深川餅⑥ 
           ガブリと行け

「赤福が心配だわ。手を広げ過ぎたのね。深川餅はそれほど手を広げていない。値段も12個入りで100円ちょっと安い。それも好感だわ」
「でも店舗は増えてきているよ。東京中心で現在11店舗。チョコ餅など新しい味にも挑戦している。あまり手を広げないでほしいがね」

「新しいお客を取り込んでいかないといけないし、古い伝統も大事にしなきゃいけないし、老舗の和菓子屋さんは大変ね。その分、村長は気楽ね。老舗でもないし新しくもない」
「そう言う村民2号は老舗の・・・」
言いかけて、村長は言葉を飲んだ。深川餅が残り3個になっていた。


本日の大金言。

いいあんこを作るには手間ひまがかかる。きんつばの清水は毎日銅鍋で8時間ほどかけてあんこを作っていたという。それが出来なくなった時、江戸時代から続く暖簾を下げた。暖簾を守るということはそういうことなのかもしれない。

                       深川餅10 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR