疲れたら「とんかつ屋のカツ丼」

 夜遊びのし過ぎが祟ったのか、クシャミが止まらない。鼻水も止まらない。こういうときは煮込みカツ丼に限る。それも極めつけの! そば屋のカツ丼、立ち食いのカツ丼、食堂のカツ丼・・・・頭の中をカツ丼がぐるぐる回った。こういう場合はやはりとんかつ屋のカツ丼に限る。豚肉の質と量が圧倒的だと思う。

ポンコツ車を飛ばして向かったのは埼玉・久喜市菖蒲町の「とんかつ 宮」。そう安くはないが、豚肉の厚さとデカさで知る人ぞ知る店。近くにはショッピングモール「モラージュ菖蒲」がある。埼玉でも評価の高いラーメン店「栄ラーメン」はすぐ向かい側。ちょっと見には高級料理屋のような木造の外観。「とんかつ宮」の看板が老舗感を醸し出している。
           とんかつ宮① 
           一軒家のとんかつ屋(埼玉・久喜菖蒲)

東京・板橋でとんかつ屋を営み、約30年前にこの地に暖簾を下げたという。筋金入りのとんかつ屋である。入り口を入ると、右手がテーブル席、左手には珍しい縄のれんが下がり、その奥が一枚板の見事なカウンター席、さらに板の間の座敷になっていた。カウンター席の対面が料理場になっていて、スポーツ刈りの店主がとんかつを揚げていた。いい音。うむ。女将さんと二人で店を切り盛りしているようだ。
           とんかつ宮④ 
           見事な世界

村長はマスクを取って、メニューの中から目的の「かつ丼」(豚汁・漬け物付き900円=税込み)を選んだ。とんかつを作り始めるのがわかった。いい匂いがかすかに鼻腔に届く。15分ほどの待ち時間。お盆に乗って、漆器のドンブリと豚汁がやってきた。ドンブリは優に幅20センチはあろうかという大きさ。うむ。
           とんかつ宮② 
           とんかつ屋のカツ丼

蓋をしずしずと取ると、湯気とともに溶き卵の白と黄色が視界に広がった。多分2個は使っているのでは? とんかつは大きく、8つほどの切り込みが入っていた。箸を入れると、肉の厚さがわかった。約1センチ。思っていたよりもやや薄めだが、十分な厚み。900円という価格を考えるとそれ以上を望むのはぜい沢というもの。
           とんかつ宮⑥ 
           蓋を取ると・・・
           宮 
           たまらんのう

まずはひと口。薄味。それも出汁が効いていることがわかる味わい。濃くて甘いのもいいが、この抑えた自然な味わいも悪くはない。とんかつはロース肉で、赤身と脂身のバランスがいい。コロモは薄め。その下に敷かれたタマネギとともに熱々のご飯と一緒にかっ込む。ご飯は柔らかめ。多分彩のかがやき。優しいタレ加減。この店がかなり健康を意識したとんかつ屋だとわかった。
           とんかつ宮⑨ 
           どないでっか?
           とんかつ宮10 
           脂身の美味
           とんかつ宮2 
           飛び降りたい

豚汁は白菜の間に豚肉が潜んでいて、こちらも自然な味わい。箸が進み、あっという間に食べ終えた。腹周りが確実に1センチは広がった。食後、店主としばし雑談。

「この豚肉はブランド豚ですか?」
「うちはブランド豚なんて使わないですよ。普通の国産豚です。肉屋ですから、いい肉かどうかは見るとわかる。ブランド豚って私にはよくわからない。要はいい肉かどうかだけですよ」

「油はラードですか?」
聞くのも野暮だと思いつつ聞く。悲しいサガだが。
ウチはラードは使いません。味はよくなるかもしれないけど、身体によくない。普通のサラダ油を使ってますよ」
逆説的だが、身体にいいとんかつ屋のカツ丼。確かに腹に持たれた感じはない。何となく風邪が抜けていく気がした。

本日の大金言。

疲れた時はとんかつ屋のカツ丼で自分をリセットする。日本の食文化の懐かしいおじさん。ビタミンB1の宝庫。




                        宮2 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR