「元祖親子丼」の大行列に並ぶ

 恐るべき食通・ドン圭氏と連れ立って、東京・人形町へ。ちょっとした縁で、赤坂の日枝神社の新年会に出席する前に寄り道して「玉ひで」で早めのランチを楽しもうとなったからである。村長にとっては数年ぶりの「玉ひで」。目的はここの元祖親子丼。創業が宝暦10年(1760年)という東京でも老舗中の老舗。行列ができる店としてもあまりに有名な店。
           玉ひで行列 
    午前中だというのに・・・(東京・人形町「玉ひで」)

平日の午前11時半に到着。それでも12~3人ほどが並んでいた。なかなか進まない。40分ほどで係の女性の合図で店内に入る。そこからさらに靴を預けて、番号札をもらい、ひたすら待つ。係の女性はテキパキと指示を出し、客はひたすら言われたとおりに待つ。まるで東京ディズニーランドの人気アトラクションのよう。待てば海路の日和はあるか?           玉ひで9 
         人気店ならではの光景
           玉ひで① 
         ここから親子丼が始まった

注文と支払いは前金システムになっていて、席に着く前に、昔の映画館の切符切りのような窓口で、村長は「元祖親子丼」(税込み1500円)を頼み、支払いを済ませる。好奇心旺盛なドン圭氏が「ここは随分儲かってるな」と頭のソロバンをはじく。ドン圭氏は「玉ひで」初体験。
           玉ひで③ 
           まずは鳥スープ
           玉ひで⑤ 
           主役の登場 

1階の広間のテーブル席(掘りごたつ式)で相席。お茶とおしぼりが出され、さらに10分ほど待つ。鳥スープが出され、続いて、金の蒔絵の見事な漆器のドンブリがやってきた。うむ。殿様にでもなった気分になりかかる。ばか殿未満だが。ここまで来るのに都合1時間ほど。この店は待つことを楽しむ気持ちが大事と知る。人生修業にもいい店。

鳥スープはお椀の下三分の一ほどの量だが、まろやかで美味。主役の「元祖親子丼」は蓋を取った瞬間、湯気といい匂いとともに、半熟の溶き卵の黄色い世界が広がった。一瞬、ベートーベンの「運命」が聞こえた気がした。親子の運命・・・ある種の感動。あちこちに泡が浮き、半熟というより、上の方は生たまごのよう。おそらく3個ほど使っているのではないか。
           玉ひで⑥  
           この瞬間がたまらない
           玉ひで⑧ 
           明治24年の味どす

鳥肉は東京ブランドの軍鶏肉「東京しゃも」を使い、それが胸肉ともも肉2種類。1センチほどの角切りで、12~13個ほどが黄色いホットな海に浮かんでいる。具はそれだけ。シンプルな絶景。明治24年に五代目山田秀吉の妻とくが考案したそのままで、軍鶏(しゃも)の旨さを一番引き出す、一子相伝の味だそう。

箸は置いてない。朱塗りのレンゲしかない。それですくって口中に運ぶ。濃いしゃもの卵の風味と甘めの割下がいい具合で広がった。胸肉は柔らかめだが締まった味わい。もも肉はコリッとした固めの食感。ご飯はやや固めに炊かれていて、ツユダクなので、ふわふわの卵、しゃも肉とともに口中に運ぶと確かに美味。シンプルな芳醇という言葉が頭に浮かんだ。これが980円くらいなら御の字なのだが。
           玉ひで10 
           ふわとろを超えた味
           玉ひで11 
           東京しゃもの胸肉
           玉ひで7 
       七味をパラり・・・こちらはもも肉
           玉ひで3 
         親子丼の最高峰?

あっという間にきれいに平らげる。やや物足りなさも残る。食べ終えてお茶を飲む。「ここは卵だね」ドン圭氏がぼそっと短い感想を漏らした。周りを見渡す。観光客らしい人、中国系らしい人、中高年客・・・村長はなぜか自分がブロイラーのニワトリに思えてきた。システム化された行列の後の空虚感・・・。ついコケコッコーと叫びたくなるのだった。

本日の大金言。

ガイドブックやメディアに載る有名老舗に過剰な期待は禁物である。金の卵は草鞋で探すに限る。


                       玉ひで8 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR