まさかの場所にプロのイタメシ屋

 「イタリア料理の隠れたいい店があるのよ。京都のグルメ先生の術後も順調に回復に向かっているようだし、気晴らしもかねて、そこ行ってみない?」
パスタ好きの村民2号が明るい顔で提案した。

「今日はイタリア料理の気分じゃないなあ」
レディ・ガガを聴きながら、村長がしぶった。
「つべこべ言わずにポンコツ車を走らせろ」
           ルーチェ1 
            まさかの場所・・・(埼玉・久喜市菖蒲町)

その約1時間後、埼玉・久喜市菖蒲町にある「トラットリア ラ・ルーチェ」にたどり着いた。菖蒲小学校のすぐ近く、まるで南イタリアあたりの田舎家のような一軒家がその隠れたいい店だった。「トラットリア」とはイタリア語で「気軽に入れる」とか「大衆食堂」、「ラ・ルーチェ」とは「光り」とか「輝き」の意味。あまり関係ないが、村長は宮仕え時代、「ラ・ルーチェ」というプレミアムワインを何本か飲んでいた。今はチリワインだが。
           ルーチェ 
           南イタリアか?

古い木造の一軒家に入ると、中は別世界だった。高い天井、木のテーブルが10卓ほど、奥がテラス風になっていて、見渡すと女性客が多い。今どき流行の店とも言えるが、悪くない雰囲気。テーブル席に腰を下ろして、ランチメニューの中から「広島産牡蠣(カキ)と菖蒲産寒ちぢみほうれん草のクリームスパゲティ」(自家製パン、サラダ、ドリンク付き 1280円)を選んだ。名前が長すぎるのが難点。ドリンクはコーヒーにした。
          ルーチェ① 
          セットメニュー
          ルーチェ② 
          店内の別世界

「この前とはメニューが違うわ。でも、今が旬の牡蠣と地元の寒ちじみほうれん草の組み合わせはそうはないと思う。パスタもここは生パスタなのよ
村民2号が自信ありげにささやいた。

10分ほどして、自家製パンとサラダが置かれ、しばらくしてメーンの「広島産牡蠣と菖蒲産寒ちぢみほうれん草のクリームスパゲティ」がやってきた。これが脱帽したくなるような旨さだった。地産地消をモットーにしているとはいえ、まずは菖蒲産の野菜の鮮度に軽く驚く。自家製パンは2種類で、全粒パンとフォカッチャ。風味、食感共にいいレベル。
           ルーチェ③ 
           地元産のサラダ
           ルーチェ④ 
           自家製パン

メーンのパスタは細めのきしめんのような生パスタで、コシとモチモチ感が際立っている。ホワイトクリームの絶妙な塩加減、奥からバター、生クリーム、オリーブオイルなどの風味が折り重なるように絡んでくる。広島産牡蠣は小ぶりだが2個、それに濃い味わいの菖蒲産寒ちぢみほうれん草が怒涛の旨みとなって口中に広がった。
           ルーチェ⑤ 
   牡蠣と寒ちぢみほうれん草
           ルーチェ⑥ 
           エロティックな美味
           ルーチェ⑨ 
           生パスタ

「パスタは一見量が少なく見えるけど、パンとサラダがあるのでボリューム的にもちょうどいいわ。そのあたりは微妙だけれども女性が喜びそうな出し方とも言えるわ」
「最初ここに来るのを渋ったけど、来てよかったよ。今日がたまたま当たりだったのかもしれないけど、これまで食べたパスタの中でこれはベスト5に入る旨さだ。プロの味とはこういうものかもな」
           ルーチェ⑦ 
           広島産牡蠣(カキ)の誘惑
           ルーチェ⑧ 
           ひと味違う世界どすえ

「単純ねえ。この前より今日のほうが旨かった。サラダの鮮度も波があるわ。でもまあ、私に感謝してよ。京都のグルメ先生が元気になってまたウマズイめんくい村に来たら、ここに案内しなきゃね。佐野ラーメンより感動するかもよ」
ようやくおかゆを食べれるようになったグルメ先生だが、パスタを食べれる日もそう遠くはない。リハビリを終えて復調したら、赤坂不動尊も何か快気祝いを考えているかもしれない。中東の状況も気になる。今日も渓流斎ブログを読まなくっちゃ。

本日の大金言。

素人とプロフェッショナルとの違いとは何か。それは満足度の高さだと思う。意外な場所にもプロがいる。


                       ルーチェ11 









 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR