食通氏と月島もんじゃ初体験

 恐るべき食通のドン圭氏が「月島のもんじゃを食いてえ」と言い出した。仕方なく(?)村長はお供することにした。泣く子とドンには勝てない。東京・月島はエンターテインメント新聞社時代によく通った場所。だが、いつも夜ばかりで、居酒屋専門だったために、ホントのところもんじゃ焼き屋には入ったことがない。

今や有名観光スポットともなったもんじゃストリートは1980年代後半のもんじゃ焼きブームでできたもの。それまでは駄菓子屋の隅で子ども相手に焼かれていたもんじゃ焼きだが、ブームによって次々ともんじゃ焼き屋がオープン。今やその数100軒とも言われている。浅草をしのぐもんじゃ焼きの一大メッカとなっている。
           もんじゃ麦 
           月島でも老舗の暖簾

村長はその中でも老舗の「もんじゃ麦」の暖簾をくぐることにした。午後3時過ぎ。用件が一つ済んで、おやつにちょうどいい時間。ここは創業が昭和58年(1983年)、月島もんじゃブームが起きる前からのもんじゃ焼き屋。仕切りの付いた木のテーブル席に腰を下ろすと同時に、ドン圭氏が鋭い目つきで店内を一瞥(いちべつ)した。沈黙の後、「いい店だべ」とひと言。 

「夏木マリスペシャル」(1500円)が目に止まった。どういう経緯かは知らないが、あの夏木マリが考案したというもんじゃ焼きで、納豆やキムチがどっさりとトッピングしてある。「絹の靴下」のフィンガーシーンが村長の脳裏に浮かんだ。よろっと行きそうになる。若き日のドン圭氏が夏木マリのファンだった可能性もある。だが、最終的に選んだのは、「ホタテもんじゃ」(980円)だった。
           もんじゃ麦4 
           夏木マリに視線が行く
           もんじゃ麦① 
           ホタテもんじゃ

「もったいねえから、二人で一人前を分けて食べっべえか?」
ドン圭氏の素晴らしい提案にフトコロ事情が苦しい村長もこっくりとうなずいた。その代わり、健康ジュースのグランベリーアロエジュース」(350円)を注文することにした。店のスタッフの労わるような目線が心地よい。
           もんじゃ麦3  
       キャベツ、ホタテ、鰹節、小海老

もんじゃ焼きは店のスタッフが途中まで作り方を解説付きで焼いてくれた。実際は怪しい二人組に見かねた末の気配り、というのが真相だが。キャベツなどの具でドテをつくり、そこにウースターソース入りの溶いた小麦粉を流し込む。見事な手つき。ジュウジュウといい匂いが鉄板から立ち上る。「食べごろです。どうぞ」の声。
           もんじゃ麦④  
           まずはドテづくり
           もんじゃ麦⑦ 
           流し込みへ
           もんじゃ麦⑨ 
           いい匂いが立ち込める
           もんじゃ麦10 
           そろそろ出来上がり
           もんじゃ12 
           リッチな時間

小さなヘラを押さえるようにしてパリパリとした焦げ目を作り、それを口中へと運ぶ。ホタテと野菜の出汁と、ウースターソースなどの隠し味がよく効いている。魚介類など材料は近くの築地市場のもの。思った以上に美味。パリパリ感とねっとり感のバランスがいい。粉末海苔と花ガツオを乗せてさらに食べる。もんじゃ焼きのルーツは一説によると、千利休が茶会用に作らせた「麩の焼き」にまで遡る。元々は茶菓子だったということになる。
           もんじゃ麦12 
           ヘラで整える
           もんじゃ麦13 
           あーん
「これがもんじゃか。そんなうめえもんじゃないけど、おやつにはちょうどいいもんじゃ
きれいになった鉄板を眺めながら、ドン圭氏がシンプルにつぶやいた。ダジャレか? ドン圭氏が千利休に見えてきた。肖像画とどこか似ている・・・。

本日の大金言。

月島のもんじゃ名人によると、ドテを作るのは月島流で、浅草など他の下町はドテを作らずにそのまま流し込むそう。



                       もんじゃ麦14
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR