これは苦行か、カツ丼の怪物と格闘

 千葉に住む友人から久しぶりにメールが入った。
「東京と埼玉ばかりでたまには千葉を取り上げてはいかがか。例えば醤油の街・野田市にある『やよい食堂』など。食に対する考え方が根底から変わります。結構有名なので知ってるかもしれないけど(笑)」

村長は舌打ちをした。『やよい食堂』はデカ盛りで有名な大衆食堂で、テレビで確か石ちゃんがここで怪物みたいなカレーライスを食べていたことを思い出した。2008年には「全国人気デカ盛店第一位」に輝いたこともある。村長には無縁な世界だが、友人の挑発的なメールを無視するわけにもいかない。会津藩足軽末裔の血がちょっとだけ騒いだ。
           やよい食道 
           デカ盛りのメッカ

翌日の正午ちょい前、青いポンコツ車が野田市中野台にある「やよい食堂」の狭い駐車場に滑り込んでいた。最寄りの駅は東武野田線愛宕駅。村民2号は「デカ盛り」と聞いただけで「どうぞゆっくり楽しんできてね」と去って行った。大正15年創業の大衆食堂で、ひと目見ただけで昭和がそこにあるよう。なぜか「幾時代かがありまして 茶色い戦争ありました」という中原中也のワンフレーズが浮かんだ。
           やよい食堂③ 
           昭和のよき大衆食堂       

すすけた青いノレンをくぐると、そこはまさによき大衆食堂の世界。4人用のテーブルが左右に三つずつ。奥が厨房になっていて、そこから甘い醤油の匂いが漂ってくるようだった。家族で営んでいるようで、客のほとんどは常連客のようだ。いい雰囲気。村長はメニューの中から「かつ丼」(並610円)を選んだ。「並」と「大」しかない。
           やよい食堂⑤ 
           驚きの世界
           やよい食堂1 
           どんどん客が・・・

待っている間にどんどん客が入ってきた。ほとんどが男性で、女性客はたった一人。10分ほどで驚異の「かつ丼」がやってきた。みそ汁とタクワン付き。ドンブリとフタの間からかつ丼の具が大きくはみ出ていた。フタを取ると、いい匂いとともに普通のかつ丼の軽く二倍の分量はあると思われる煮込みカツ丼が横たわっていた。これで並とは・・・噂に違わぬデカ盛り。
           やよい食堂⑥ 
           おおおの世界
           やよい食堂⑦ 
           フタを取る
           やよい食堂⑧ 
           唐辛子、出過ぎ

実際に目の前にすると、どこから手を付けていいのか戸惑う。まずはカツ。これが驚きだった。厚さが優に5センチはある。その特大カツが3切れ。よく見ると、中央に厚さ6ミリほどの豚バラ肉、それを薄切りの豚肉が幾重にも取り囲んでいた。コロモはツユでぶよぶよになっている。苦労しながら箸でつかんで、ガブリと行く。うむむうむむ。
          やよい食堂⑨ 
          アーユーかつ丼?
          やよい食堂10 
          うむむ

肉の質はこの際問わない。醤油ベースの薄甘いツユ、出汁感はない。溶き卵がいい具合だが、その下のたまねぎの量も並みではない。何よりツユだくが尋常ではない。まるでオジヤを食べているよう。額から汗が滴ってくるのがわかった。食べながら、これは格闘だと思い始めた。610円という値段が信じられない。
           やよい食堂12 
           すべてが規格外
           やよい食堂13 
           救いのタクワン

次第に一体自分は何のためにこのカツ丼を食べているのか、という疑問が湧いてきた。これは修行かもしれない、とも思い始めた。途中でタクワンを一切れ。ごくフツーのタクワンなのに、これが実に美味。不幸があって幸福がある。幸福があって不幸がある。20分ほどかかってようやく平らげた。苦行のかつ丼。うまい、まずいを超えた世界。その瞬間、幸せな虚脱感に襲われた。

本日の大金言。

やはり人生はほどほどが肝心だと思う。そのほどほども極端を経験して初めてわかることなのかもしれない。





                          やよい食堂14 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR