思わぬ拾い物「五島のさば寿司」

 「こけし展が今日でおしまいなのよ。案内が来てたことをすっかり忘れてたわ。ねえ、ポンコツ車走らせない?
ひな祭りの昨日。村民2号が、野良作業中の村長の下にやってきた。
「こけしには興味がないなあ」
村長が渋った。
「フフフ・・・そう来ると思った。別の階で大九州展もやってるのよ。九州の旨いものがどっさりあるはずよ」

その約3時間後、青いポンコツ車が埼玉・熊谷の八木橋デパート駐車場に滑り込んでいた。すでに夕暮れ時。「松井貞夫こけし展」はすっかり人影もまばら。ひと通り見てから、7階で行われている「大九州展」へと足を運んだ。九州は北海道に負けない旨い物の宝庫だと思う。首都圏のデパートでも北海道に次ぐ集客力を誇っている人気のイベント。
           平野屋 
           九州の旨いもの大集合

こちらは人が多かったが、村長の目は「五島のさば」という墨文字に釘付けになった。「大村ずし 平野屋」の看板。長崎の五島列島は世界でも有数の魚介類の宝庫で、そこの鯖(さば)とは見逃せない。実演はすでに終了、「鯖寿司」(税込み1296円)も売り切れていた。く、ぐやじい~。村長はダメもとでスタッフのおばさんに「もう、おしまい?」と聞いてみた。
           平野屋② 
           五島のさばだって?
           平野屋① 
           最後の一個ゲット

人生、あきらめてはいけない。その一言が意外な方に転んだ。「ちょっと待ってくださいね。一つだけありますよ」。ゲット、ラッキー! 銀色の鈍い光を発する、見事な鯖の棒寿司が現れた。かなりの肉厚で、それが8切れほど。これで1200円(税抜き)はちょっと信じがたい。かつて京都の「末廣」で買った鯖寿司は驚くべき旨さだったが、一本3700円だった(現在は4000円)。

単純には比較できないが、これは買い得ではないか? その夜、ウマズイめんくい村の食卓はリッチ。辛口純米酒の熱燗を相方に、五島の鯖寿司の賞味となった。パッケージを取ると、見事な鯖の棒寿司が姿を見せた。五島から持ってきた鯖だそうで、「浅めに〆たもの」とか。それが確かに8切れ(末廣は12切れ)。
           平野屋③ 
           このテカリ、うむむ
           平野屋2 
           ラップが邪魔・・・
           平野屋⑤ 
           リッチな時間

乾燥を防ぐためだろう、一切れずつラップで包んであった。これを解くのにひと苦労。鯖は見るからに新鮮でその厚さが酢飯と同じくらい分厚い。醤油を付けずにまずはひと口。「浅めに〆た」ことがよくわかる。鯖の旨みがストレートに来た。酢飯も酢がきつくない。穏やかな旨味。醤油を付けると、旨味が広がった。
           平野屋④ 
          五島の鯖の分厚さ
          平野屋⑨ 
          醤油にちょい漬け
          平野屋11 
          酢飯はやや固め

「末廣と比べると、脂の乗りや酢飯の奥行きが物足りないけど、この値段でこの味はかなりのものだよ」
「末廣と比べちゃいけないわよ。鯖が若いのかもしれないわね。淡泊な旨味で私は好きよ」
「こういう発見があるからデパートの物産展はあなどれないな。でも、ラップはどうにかしてほしい。取るのにちょっとイライラする」
「村長を相手にするよりイラつかないわ。楽して美味い物を食べようと思うな、よ。修行が足りないわねえ」
「・・・・・・」

本日の大金言。

デパートの物産展は総じて高い。特に北海道展は高すぎると思う。その中で掘り出し物は必ずある。それを見つける楽しみ。



                      平野屋12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR