「名物オムライス」の深すぎる味

 B級グルメの知人から「大宮の名物オムライス」の存在を聞いたのは5年ほど前。「24時間営業の古い喫茶店でね、煙草を吸う人も一杯いる。その中でほとんどのお客がオムライスを注文する。とにかくデカい。昔のオムライスなんだよ」と友人はまくしたてた。友人はヘビースモーカーだった。

埼玉・大宮に所用があり、そのことを思い出した。ランチタイム。洋食「紅亭」にでも行こうかと思ったが、あいにく懐が寒かった。その名物オムライスを食べてみようと思い立った。東口から北に歩いて5~6分ほど、一番街に入り、その奥に昭和の匂いの残る本格的な老舗喫茶が佇んでいた。それが大宮では知る人ぞ知る「伯爵邸」だった。
           伯爵邸① 
           昭和のいい雰囲気

広い店内に足を踏み入れると、ステンドグラスのランプがあり、テーブルもソファも昭和の高級感にあふれていた。左手にはバーカウンターがあり、奥が厨房になっていた。煙草を吸っている人もいるが気にならない。メニューは豊富でとんかつやスパゲティ類、アメリカンクラブハウスサンドなどなどレストラン並み。村長はむろん「懐かしのオムライス」(800円)を頼んだ。
           伯爵邸② 
           メニューがいい
           伯爵邸1 
           老舗の貫録

10分ほどでその名物オムライスがやってきた。大きいシャレた絵皿に見事なオムライスがドテッと寝そべっていた。普通のオムライスの1.5倍くらいはある。バター(マーガリン?)の匂いとトマトケチャップの匂いが食欲をそそる。卵はふわとろなどではなく、しっかりときれいに焼かれている。トマトケチャップの量が少し少ない気もするが、下町の正統派オムライス!
           伯爵邸③ 
           懐かしのオムライス
           伯爵邸④ 
           かぶりつきたい

コンソメスープとちょっとしたサラダが付いていた。見事な、懐かしいグラマー・・・いやオムライスにスプーンを入れる。卵の焼き具合に感心しながら、口中に運ぶと、やや固めのチキンライスが昭和の匂いとともに旨みが広がってきた。メチャウマではなく、ノスタルジックな旨さ。食べ進むうちに具が極めて少ないことに気付いた。
           伯爵邸⑦ 
           見事な焼き加減

玉ネギが少しとマッシュルームが思い出したように存在している。チキンか合いびき肉が欲しいところだが、たまたまなのかカケラも見当たらない。グリーンピースも見当たらない。中はほとんどチキンライスの世界。うーむ。村長は考えた。店のオーナーは沖縄出身で、創業は昭和48年。ひょっとして、これは戦後の原点を思い出させようという深い味わいではないか? 哲学的なオムライス・・・。
           伯爵邸⑧ 
           チキンライス!
           伯爵邸3 
           具の姿が・・・
           伯爵邸⑨ 
           玉ネギ発見
           伯爵邸10 
           マッシュルーム発見

戦後日本は高度成長期を経て、日本列島改造期を経て、バブルへと突入していった。そして平成不況に突入し、3.11を迎えた。その真摯な反省もなく、次第に記憶も風化し、奇妙な現実遊離感覚が世の中を覆い始めている。足元を見ることが必要なのに視線は別の方向へと向かっている・・・のではないか? そこにこのリアルなオムライス。
           伯爵邸2  
           最高のぜい沢?

いい気になっていはしないか? 具の少ない巨大なオムライスが問いかけている。村長はきれいに平らげると、昭和の懐かしい充足感に包まれた。ケチャップがやや少ないことなど気にならない。具がもっとほしいだと? 今生きていて、この美味を味わえること、そのこと自体の意味を考えなさいよ・・・巨大オムライスがそうつぶやいているような気がするのだった。

本日の大金言。

料理がしゃべることだってある。オムライスが説教をすることだってある。それを素直に聞ける耳がありやなしや。



                       伯爵邸12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR