浮世を離れて鮎寿司3カンの至福

 「村長、た、たいへん!」
美熟女の村民2号が、飛脚から受け取った手紙をもって飛んできた。3.11にもほとんど動じなかった村民2号が、口から泡を吹いている。よほどの事態が起きたに違いない。

「まあ、落ち着きなさい。チャックぐらいちゃんと閉めなさい」
赤羽彦作村長は、ここぞとばかりに、村長の威厳を見せて正座した。村長のチャックも開いていた。気を静めるためにか、大きく息をしてから、村民2号が口を開いた。
「大叔母からよ。大叔母があまり暑いんで、冥途の土産に鮎を食べたいって
その瞬間、灼熱の空が落ちてきた。


          桐生鮎① 


「やっぱり、夏は簗場(やなば)の鮎に限るねえ。彦作村長の稼ぎが悪いから、ここ2年ほどご無沙汰だったけどさあ、今年はこの暑さ。もうそろそろお迎えが来そうだから、冥途の土産にと思って、手紙を出したのさ」

上州は桐生市郊外にある活鮎料理専門店「桐生簗」。ここは桐生川沿いに店舗を構え、桟敷を組み、夏場だけ営業している。清流の音と川風が実にここちよい。浮世離れの時間がゆっくりと流れている。
生ビールを片手に鮎の塩焼き(1匹1097円)に舌鼓を打ちながら、大叔母は満足そうにうなずいている。少々小ぶりだが、備長炭で一本一本丁寧に焼かれたもの。


          桐生鮎④ 



大叔母は今年87歳になる。冥途の土産と言ってる割には、声にも張りがあり、足腰も彦作村長よりシャキッとしている。 
「叔母上、ビールはもうよろしいんじゃないかしら? お身体に障りますよ」
村民2号が、ウマズイめんくい村の台所を心配して、さりげなく言う。中ジョッキ3杯目も残り少なくなっている。

「アタシャアねえ、自慢じゃないけど、飲めば飲むほど元気が出てくるのさ。身体を心配してくれるなら、もっと飲ませろー」
こういう時は行くところまで行くしかない。大叔母からの呼び出しは平均して年に一度。カラオケだったり、カニ料理だったり、温泉だったり。そのたびに、ウマズイめんくい村は右往左往し、大叔母が帰った後は村民2号と村長は二日ほど寝込んでしまうのがパターンとなっていた。

予想されたこととはいえ、大叔母には逆らえない。彦作村長にとっても、大叔母はある種尊敬の対象でもある。飲んで笑って歌って大声で人生を楽しむ。上州女の鑑(かがみ)のような存在。村民2号にもその血は流れているが、まだ大叔母の域には達していない。

「そろそろ鮎寿司の時間じゃないかい? アタシャアねえ、これ食わないと、簗(やな)に来た気がしない。一人前3カン頼んだから、村民2号も1カンだけ食べていいよ。忘れてた。村長も食べたい?」
「いただきます」

鮎寿司一人前(1501円)が運ばれてきた。見事な昆布締めの押し寿司。鮎寿司と言えば姿のまま酢飯を詰める店が多い。琵琶湖周辺ではご飯と一緒に発酵させる「なれずし」が有名だ。


          桐生鮎⑤ 


しかし、ここは万人向きの押し寿司。まずは透き通った新鮮な鮎ネタと昆布の重なりを目で楽しみ、おもむろに口に運ぶ。1カン当たり500円ナリ。安くはないので、五感を研ぎ澄まして、貴重な1カンを隅々まで堪能する。天然の鮎はスイカの香りがする。ここは那珂川でとれた稚魚を清流で育てて、その「半天然」を使っている。調理の難しい「活き鮎」にこだわっているのが素晴らしい。

ほのかにさわやかなスイカの香り、それに昆布の旨味が加わり、さらに一粒一粒が立つような酢飯と重なり合って、絶妙としか言いようのない甘みとなって口中に広がっていく。その余韻。

「至福、至福。これでいつ冥途に行ってもいいさ」
大叔母がつぶやけば、村民2号も目をハートにしてうなずく。
「ホントね。村長の稼ぎさえよければ来年も来れるのにね」


彦作村長も、コケにされているのに、目をウルウルさせている。
「冥途に行っても安心してください。天国特派員の村犬チャイに命じて、鮎寿司のうまい店を探しておきますから」
次の瞬間、ほろ酔い村長の後頭部に大叔母の回し蹴りが飛んできた。



本日の大金言。

とかくこの世は生き難い。智に働けば角が立ち、情に竿させば流される。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ川のドンブリ。



         桐生鮎⑦ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR