桃とカツサンドと黒糖フレンチトースト

 このところの陽気で桜の開花情報が出たが、花桃の季節でもある。ポンコツ車で花見の下見に出かけた。茨城県古河市へ。ここは日本でも有数の花桃の名所で、「古河桃まつり」(3月20日~4月5日)が始まっていた。まだ三分咲きだが、「古河桃むすめ」や大道芸が人気を呼んでいた。村長はむろん、花桃よりも桃むすめ。あまり関係ないが、上田桃尻子は大丈夫だろうか?
           古河桃祭り④ 
           花ももは三分咲き(茨城・古河公園)
           桃娘 
           こちらは五分咲き?

喧騒から離れて、古河市周辺をポンコツ車で散策することに。渋滞を避けるように、佐野古河線を佐野方面へと向かうと、左手に南欧のイメージのポエムなレストランが見えた。「粉とクリーム 石窯夢工房」という看板が見えた。パスタのレストランかと思ったが、パン屋さんだった。これが、当たりだった。
           粉とクリーム 
           めっけ!

店内に入ると、パンを焼くいい匂いとバラエティーに富んだ手づくりパンが所狭しと並べられていた。人気のパン屋さんらしく、客が引きも切らない。奥に石窯があり、パン工房になっていた。ケーキ類も置いてある。

「気に入ったわ。ここでランチにしましょ」

入り口の右手がちょっとしたイートインコーナーなーになっていて、そこにコーヒーポットとティーポットがあり、「コーヒーと紅茶は無料です」(スタッフ)とウソみたいなサービス。
           粉とクリーム① 
           こちらは満開?
            
「村長も気に入ったよ。美味そうなパンが一杯ある。高くないのもいい」
カレーパン、カツサンド、あんぱん、ピザ、フレンチトースト・・・気の多い村長向き。

迷った末に村長は「ロース豚かつサンド」(税抜450円)とユニークな「黒糖のおやつ」(同150円)を選んだ。「黒糖のおやつ」は黒糖ラウンドパンのフレンチトースト。黒光りした切株状の形状にパウダーシュガーが夢のようにかかっていた。村民2号は「石窯ピザ」(同160円)を選んだ。むふむふ。
           粉とクリーム④ 
           カツサンド
           粉とクリーム③ 
     黒糖切株のフレンチトースト(黒糖のおやつ)
           粉とクリーム⑥ 
           〆て760円のリッチ

「ロース豚かつサンド」は厚切りの柔らかな食パンと厚さ1センチはある国産の豚ロースのバランスがいい。焼きたてと揚げ立て。やや甘めのソースとキャベツ、ほのかにマーガリンとマスタードの風味。何より感心したのはパン生地。耳がしっかり付いていて、パン生地は手でつかむと指の形が残るほどしっとりとして柔らかい。
           粉とクリーム⑧ 
           ロース豚かつサンド
           粉とクリーム⑨ 
           おおおの世界
           粉とクリーム10 
           失礼します

さらに感心したのは、「黒糖のおやつ」。かなりのボリュームで、手で裂こうとすると、もっちり感と伸びやかさが只事ではない。そこに練り込まれた黒糖が見事で、手でちぎって口中へ運ぶと、ねっとり感と複雑でミルキーな風味が口いっぱい広がる。黒糖ラウンドパンを卵とミルクに付け込んでから鉄板で焼きあげたもの。どうやらこの店のオリジナル。
                  粉とクリーム2 
           そそり立つ美味
           粉とクリーム4  
           きぬぎぬの別れ?

「石窯ピサも具とモッツレアチーズがしっかりあって、レベルが高いわ。コスパ的にもいい店。コーヒーと紅茶がタダというのもいい。石窯焼きの食パンをお土産に買って帰ろうかな」
「こんなパン屋があるとは古河も捨てたもんじゃない。桃むすめ後の手づくりパン屋、頭の中はすでに満開だよ」
「後は散るだけね。外見はすっかり散ってるけど」
「・・・・・・」

本日の大金言。

梅、桃、桜・・・花見の季節はまだまだ続く。桜の樹の下には・・・何が埋まっているのか? そこに想いを馳せることも大事だと思う。



                         粉とクリーム8 





 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR