利休も食べた?「肉桂餅(にっきもち)」

 今日ご紹介するのは東京・日本橋高島屋のデパ地下で見つけた珍しい和菓子について。村長がたまに散策する「味百選・銘菓百選」で、大阪・堺の菓匠「八百源」の「元祖肉桂餅(ニッキもち)」が目に入った。3個入り650円(消費税込み)。堺の「八百源来弘堂」は創業が江戸時代中期という老舗で、「肉桂餅」は創業以来の商品。それを東京でゲットできるとは思ってもみなかった。
           日本橋高島屋デパ地下 
           和菓子のメッカ
           肉桂餅 
           元祖肉桂餅めっけ!

堺は室町時代から戦国時代にかけては南蛮貿易の中心地として栄え、「東洋のベニス」と称された国際都市だった。千利休の出身地でもある。「八百源」の初代・八百屋宗源はその堺で貿易商としても活躍したようで、東南アジアから入ってくる香料や香木からシナモンの一種、肉桂(にっき)が生まれ、それがやがて和菓子にも取り入れられていく。

「八百源」の「元祖肉桂餅」はその流れを汲む和菓子で、京都の八つ橋なども肉桂(ニッキ)を練り込んでいるという点で同じ流れを汲んでいる。その「元祖肉桂餅」をウマズイめんくい村に持ち帰って賞味することにした。
           肉桂餅① 
         二百数十年の時を超えて

焦げ茶の紙箱を開けて1個取り出し、包みを解くと、くず粉が雪のようにかかったニッキ色の小ぶりな餅が現れた。抹茶でいただきたいところだが、煎茶でがまん。二百年以上の時を超えた「元祖肉桂餅」を食べるのはむろん初めて。
           肉桂餅② 
           少しずつ・・・
           肉桂餅④ 
           見せておくれ

備前焼きの小皿に乗せてから、二つに割ろうとすると、餅(ぎゅうひ)の伸びがすごい。糸を引くように伸びる。ニッキの香りがほのかに漂った。中はきれいなこしあんが詰まっていた。
           肉桂餅⑤ 
           この存在感
           肉桂餅⑥ 
           横から見る
           肉桂餅⑧ 
           およしになってぇ・・・

「へえー、こんなの初めてだわ。二百年前だったら、お公家か大名しか食べれなかったものね」
と村民2号。
「肉桂も砂糖もそりゃあ貴重なものだったからねえ。上菓子をこんな簡単に食っていいのかな?」
と心にもないことを村長。

そんな他愛のない会話をしながら、まずはひと口。ニッキの独特の香りが口中に広がり、その後に品のいいこしあんの風味が舌の上に残る。こしあんはほどよい甘さで、ニッキを練り込んだ柔らかい求肥(ぎゅうひ)餅と絶妙に合う。意外な相性。
           肉桂餅⑨ 
           言葉はいらぬ
           肉桂餅10 
           利休は食べたか?

「織田信長や秀吉はこれを食べたことがあるのかしら?」
「千利休も食べたと思いたいところだけど、時代が合わない。茶菓子として肉桂餅が使われたのは江戸時代に入ってからではないか」

「ロマンがないわねえ。堺ときて、肉桂とくれば、戦国の世の茶会に何らかの形で肉桂餅があったかもしれないでしょ? そのほうが面白いわ」
「千利休はいろんなものを茶菓子にしたようだから、記録に残っていないところで肉桂を使った可能性はあるかもなあ」

「タイムマシンで行って調べてきてよ。で、そのまま戦国時代に残って村長が本にする。それを四百数十年後に私が出版して大儲けする。印税は10%として、儲けは・・・・」
「・・・・・・」

本日の大金言。

往時の堺の夢を伝える元祖肉桂餅。ニッキの香りにははるかな南蛮貿易の匂いもする。今ではかなりの想像力が必要だが。




                          肉桂餅11 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR