道の駅の「いちご大福」さま

 エンターテインメント新聞社時代の友人夫妻と「さいたまの胃袋」大宮市場を堪能した後、ウマズイめんくい村に帰る途中、ふと「道の駅 いちごの里よしみ」に立ち寄ることにした。吉見町は旧中山道を鴻巣で東松山方面へと抜ける街道沿いにある。ここはいちごの里としても有名で、約80軒ものいちご栽培農家がある。目的はむろん今が旬の「いちご大福」!
           いちごの里1 
           いちご大福や~い

大宮市場で朝からビールを楽しんだためにポンコツ車の運転は村民2号。「道の駅 いちごの里よしみ」に入る。すでに時刻は午後4時半。あと30分で店仕舞い。物産館に飛び込むと、すでに「完売いたしました」の無情な表示。涙のいちご一会。仕方なく、トボトボと「農産物直売所」へ。だが、人生、一寸先に何があるかわからない・・・ここで、もう一つの「いちご大福」を見つけた。
           いちごの里12 
           何ということだ!

残りわずか5パック! しかも時間が時間なためか、「50円引き」の表示。その「いちご大福」(3個入り380円)を大急ぎでゲット。実質330円ナリ。製造者は「Berry 吉橋洋子」と書いてあった。賞味期限はたった一日。近くのパン工房でコーヒーを飲みながら、いちご大福を賞味することにした。
           いちごの里① 
           トボトボと直売所へ
           いちごの里② 
           拾う神あり

「パン工房」に来ていた地元のおばはんと会話する。
「へえー、珍しい。残ってましたか。そっちの方が人気で、いつも売り切れていますよ」
期待がふくらむ。

いちご大福は大きめで、見るからに柔らかそうな餅の中からいちごの赤とあんこの小豆色がうっすらと透けている。表面の澱粉がいい具合である。二つに割ると、鮮やかな大粒ないちごとつぶしあんが現れた。見ただけで鮮度の良さがわかった。
           いちごの里④ 
           楽しい時間
           いちごの里⑥ 
           柔らかな感触

餅は地場のもち米だそうで、搗(つ)きたてのように柔らかい。いちごはとちおとめ。ガブリと行くと、いちごのジューシーさが際立っていた。甘さと酸味がきれい。つぶしあんは控えめな甘さで、柔らかな餅とともにいちごの魅力を存分に引き立てている。美味。
           いちごの里⑦ 
           ときめく
           いちごの里⑧ 
           いちご一会
           いちごの里10 
           絶妙なバランス

豆大福好きの村長は基本的には「いちご大福」は邪道だと思う。一般に値段が高いのも悲しい。例えば、「元祖いちご大福」を名乗る東京・曙橋の「いちご豆大福」は1個235円である。板橋・西台の「いちご大福」は173円(いずれも税込み)。昭和60年前後に彗星のように現れて、いまでは「いちご大福」は和菓子界にしっかりと定位置を確保している。例えはヘンかもしれないが、生菓子界のマツコ・デラックスみたいな存在。
          いちごの里⑨ 
          隠れた逸品

「こんなに美味いいちご大福がここだけでしか買えないとは・・・シメシメだよ」
「ホントに美味いものって意外に隠れたところにあるかもね」
「情報が氾濫しているけど、こういう出会いはうれしいね」
「珍しく意見一致ね。美味いものの宝物探しも悪くはないわ」
しばし「いちごの平和」を噛みしめる。あの「いちご白書」はいずこへ?

本日の大金言。

捨てる神あれば拾う神あり。情報に惑わされない法。いちごに聞いてみること。


                       いちごの里11 






 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR