ガード下の「元祖ピザトースト」

 先週は福島を小旅行した後、いろいろなことがあった。エンタメ新聞社時代の旧友たちと会食、挿絵画家の会のパーティー、宇宙旅行から無事帰還した當麻寺先生を囲む会・・・そのため江戸に出ていくことが重なった。ネタもしっかりと仕入れてきた。ムフフ。

有楽町でエンタメ新聞社の旧友たちと会う前に、「ピザトースト発祥の店」で、その元祖ピザトーストを賞味することにした。銀座で降り、有楽町ガード下をくぐって、ガード沿いに行くと、「ピザトースト 元祖の店」という文字とともに、「珈琲館 紅鹿舎(べにしか)」が夕暮れに浮かんだ。並びにはスープチャーハンでも知られる「慶楽」がある。よき時代の有楽町の風情がたまらない。
            紅鹿舎② 
            元祖の店

「珈琲館 紅鹿舎」は昭和32年創業の銀座・有楽町界隈でも有数の老舗喫茶店。入り口からして、どこか漢字の巴里(パリ)風。今の時代これだけアールヌーボー風の店構えは少ない。日本風に変換されたアールヌーボーだが・・・。入ると、店内は薄暗く、タイムマシンでモダンを謳歌した有楽町の高級喫茶店に入り込んでしまった錯覚に陥る。
            

            紅鹿舎① 
             紅鹿舎

意外に広い店内は混み合っていた。奥の左手の小さなカウンター席に案内される。そこで、目的の「ピザトースト」(単品850円、ドリンクセットだと1250円)を頼んだ。「アイスレモンティー」を付けてもらう。安くはないが、場所柄仕方ない。
            紅鹿舎1 
            タイムトンネル

すぐ目に前に蝶ネクタイをしたやせた調理係が一人いて、オーブンでピザトーストやトースト類をポーカーフェイスで焼いていた。そのスペースの狭さと流れるような動きをしばし見つめる。彼は毎日毎日、この単調な作業を繰り返している。ある種の感動に襲われる。いい匂いが鼻腔をくすぐる。
            紅鹿舎2 
            フツーの2倍はある?

15分ほどで「元祖 ピザトースト」がやってきた。大きな白い磁器皿に、厚さは優に3センチはあろうかというかなりのデカさのピザトースト! いい匂いがジュジュジュと発散している。3つに切られているが、上に乗ったピザソースとチーズの量がかなり多い。そのためチーズは溶岩のように流れ出し、食パン生地を覆い尽くしている。うむむうむむ。
            紅鹿舎④ 
            元祖でござる
            紅鹿舎⑤ 
            チーズの存在感

フォークでその一角を取り出して、ガブリと行く。チーズが糸を引く。中の具はハム、マッシュルーム、タマネギ、ピーマンといったところ。何よりもチーズの圧倒が特筆される。モッツァレラとゴーダチーズのミックスか? パン生地が意外に柔らかく弾力があり、それが溶岩のようなチーズとよく合っている。
            紅鹿舎3 
            たまらん
            紅鹿舎⑦ 
            別れたくない
             
ピザトーストでこれだけチーズを使っているのは少ない。ピザ生地とパン生地の違いしかないほど。軽食というよりヘビー級のピザトースト。バランス上サラダくらい欲しい気もするが、女将の無愛想を見ると、「これが元祖というものよ」というプライドが聞こえてきそう。余計なものはいらない。そう言っている気がする。
           紅鹿舎⑧ 
           裏側も見る

アイスレモンティーが、古き良き時代の喫茶店のていねいな作りで、それをすすりながら、ピザトーストの余韻を楽しむ。薄暗い店内から入り口のほうを見る。明るさの向こう側に、ミニスカートの女性や銀座紳士が通り過ぎていく。昭和は遠くなったが、ここは昭和のままである。値段だけは平成27年だが・・・。いざ、飲み会へ。

本日の大金言。

そもそもピザトーストに元祖があるのか、不思議な気がする。有楽町に進駐軍としてアメリカ人が行き来していた時に、ピザトーストもあったようだ。ピザトーストの元祖はイタリア系アメリカ人かもしれない。


                      紅鹿舎⑨ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR