大宮の原点?冷やし中華の謎

 夏日が続くと、女性のスカートが短くなり、「冷やし中華」の季節である。いつものように埼玉・大宮を散策中に冷やし中華を食べたくなった。午後1時過ぎ。西口のあたりをぐるぐる回る。タイ料理や油そば、パスタなどの看板が意外に多い。迷った時は「中華料理 来来軒」に限る。大宮のソウルフードとして、ほとんどの大宮市民が知っている店である。
           来来軒 
           大宮のソウル店?

「来来軒」は大宮には2軒あり、南銀座店はあの日高屋グループの出発店でもある。それを知っている人は意外に少ない。今回は西口店。入り口に「冷し麺」のポスターが貼ってあり、それが正統派冷やし中華で旨そうだった。510円(税込み)という価格もありがたい。「中華そば」(390円)、「チャーハン」(430円)、「イワシフライ餃子セット」(670円)などというメニューもある。日高屋とほとんど同じ。
           来来軒① 
           正統派冷し麺!

店の客はオヤジばかりかと思ったが、老若何女、若い女性客も多い。忙しそうに動き回るおばさんスタッフにたまたま空いていた一角に案内され、目的の「冷し麺」(510円)を頼んだ。15分ほど待っていると、四角いお盆に乗って、ガラス皿に乗った冷し麺と磁器皿に乗った具が別盛りでやってきた。
           来来軒② 
           別盛りのボリューム

冷し麺は細縮れ麺で、タレは黑酢しょうゆ、端に紅ショウガと和辛子が乗っている。刻み海苔がパラパラ。ガラス皿が冷えていて、ビジュアルも悪くない。別盛りの具のボリュームに軽く驚く。錦糸卵、ハム、キュウリ、ワカメがフツーの具の量の2倍はある。質も見た目もマル。
           来来軒④ 
           高いレベル 
           来来軒③ 
           具の充実に驚く

具を冷し麺の上に置いていく。やはり冷やし中華はこうでなくてはならない。とても510円とは思えない世界。麺はコシもあり、黒酢しょうゆの風味といい、懐かしい昭和の冷やし中華そのもの。具は特に錦糸卵に感心した。多分、日高屋グループの行田工場で作られたものだが、フライパンの匂いがするような手づくり感。ハム、ワカメ、キュウリも悪くない。これで510円とは思えない満足感にしばし浸る。
           来来軒⑦ 
           細縮れ麺
           来来軒2 
           510円だって?
           来来軒4 
           ワカメとキュウリ

あっという間に食べ終えると、素朴な疑問がむくむくと湧いてきた。「来来軒」は埼玉に7軒ほどしかない。日高屋は首都圏中心に336店舗ある。経営する「ハイディ日高」は一部上場企業で、「焼鳥日高」や「とんかつかつ元」など新しい業態にも進出し、「グループ全体で365店舗です」(同社)とか。電話で素朴な謎をぶつけてみた。

「あのう、『来来軒』と『日高屋』はどこがどう違うのでしょう? メニューも値段も同じように見えるのですが」
「ほとんど同じですけど、『来来軒』の方が炒め物が少し多いんです。なぜ店の名前が違うのか? う~ん、そういう疑問は確かにわかりますが、大宮がグループの原点ということもありますね。でも、詳しいことはわかりません・・・」

街の中華屋として「来来軒」が東口南銀座でスタートしたのは1973年(昭和48年)。戦後の匂いの残る大衆食堂が目立ち、日本が元気だった時代。その前年、田中角栄が第64代首相に就任している。原点は大事である。
           来来軒3 
           冷やし中華の王道

ジャズピアニストの山下洋輔や赤塚不二夫、筒井康隆、タモリらが中心となって「全日本冷し中華愛好会」を立ち上げたのはその2年後。「冬に冷やし中華が食べれないのはけしからん。一年中食べさせろ」いうのが立ち上げの理由だった。ラーメンの陰に隠れてはいるが、冷やし中華の隠れファンは多い。

だが、悲しいかな、その試みは成功したとは言えない。「来来軒」も「冷し麺」は期間限定(5~9月)である。やはり、冷やし中華は暑い時期に限ると思う。

本日の大金言。

冷やし中華は過小評価されていると思う。「全日本冷し中華愛好会」の復活を待ちたい気もする。ただし、季節限定で。



                         来来軒5 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR