プラットホームのカツカレー

 東武スカイツリーラインと言えば、名前こそモダンになったが、ついこの前までは東武日光線と伊勢崎線というイメージの方が強い。春日部駅はその主要駅でもある。クレヨンしんちゃんが乗り降りしていた駅でもある。その1番線プラットホームに「カフェ と~ぶ春日部店」がある。ここが実に渋い。
              東武カフェ 
              サラリーマンのオアシス?

「カフェと~ぶ」という店名も、どこかのどかで、ローカルの匂いがする。今どき、かような店名を続けているカフェは他にないのではないか。春日部店というのも、今ではここ一軒になってしまったので、さほどの意味があるとも思えない。オープンしたのは18年ほど前。すでに平成になっていたのに、昭和の匂いが沁みついている。
              カフェとーぶ  
           カレーライスがおいでおいで

カレーライスが売りで、サンドウィッチやおにぎりも売っている。村長はこの前を通るたびに遠い親戚のおじさんに出会ったように心が安らぐ。本日のランチはここの「ロースカツカレー」(550円)を取り上げようと思う。ガラス張りになっているので、中から目の前の電車の出入りが見える。入るとすぐ左手が厨房になっていて、そこで2人の中年男性が黙々と調理に取り組んでいた。
              東武カフェ① 
              この安さがいい
              東武カフェ② 
              人生がある

カレーは目玉だけあって、ルーからすべて手づくり。ポークカレー(420円)やハンバーグカレー(540円)など10種類ほどのラインナップ。そのいい匂いが入った瞬間、村長の鼻腔をくすぐった。ええのう。窓沿いと壁沿いがカウンターになっていて、中央には長い立食い席が伸びている。中年サラリーマンが一人カレーライスを食べている。その背中が疲れている。人生のカレーライスというのもある。

7~8分で「カツカレーのお客さま」と呼ばれ、受け渡し口へ。中央の立ち食い席で食べることにした。目の前の「ロースカツカレー」を見る。白い磁器製の大皿にたっぷりと盛られたカレーとライス。その上のロースカツはほどよい大きさで、5つにカットされていた。立ち上がるいい匂い。福神漬けの置き方も悪くない。なつかしい、本格的なカレーライス。
              東武カフェ④ 
              本格的ロースカツカレー
              東武カフェ⑤ 
              上空より

カレーライスは「じっくりと煮込んでいます」(スタッフ)と胸を張るだけあって、タマネギが溶け込み、細かく刻まれた人参もほとんど形がない。豚肉さえポツリポツリとしか見えない。ルーはフライパンで炒めたカレー粉と小麦粉の手作りの風味がベースにある。激辛も選べるが、中辛を選んだので、辛さはあまりない。まろやかな素朴。
              東武カフェ⑦ 
              煮込まれたルー
              東武カフェ⑨ 
              素朴なヒレカツ

ロースカツはコロモが厚めで、肉自体は3~5ミリくらいの厚さ。柔らかい。福神漬けはそれほど甘くなく、ライスは普通のレベル。全体的にメチャウマではないが、ローカルの懐かしい味わい。それが意外におつなものだと実感する。ひと昔前のローカル価格というのも好感。
             東武カフェ10 
             コロモは厚め
             東武カフェ11 
             中濃ソースをたらり

備え付けのロースカツに中濃ソースをかけてみる。これが味わいにいいアクセントをつけた。昔はカレーライスにソースをかける人が多かった。それをつい思い出す。1番線に電車が滑り込んできた。どっと乗客が降りてくる。旅をしている気分になった。

本日の大金言。

東京の中心から電車に乗ると、そう遠くないところにプラットホーム食堂があったりする。疲れたサラリーマンが行き交いするその場所こそ、人生のプラットホームなのである。



                          東武カフェ12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR