驚異の「岩山バーガー」にかぶりつく

 ハンバーガーは時々食いたくなる。マクドナルドやモス、ロッテリアはお金のないときに行ったりするが、満足度はそれなり。本格的なバーガーは1000円は覚悟しなければならない。中間はないか?いつものように埼玉・大宮駅構内を散策していると、規格外のハンバーガーに出くわした。
              ベッカーズ① 
              ん? これは何だ?
              ベッカーズ 
              飛び込め

それが「ベッカーズ」の「ザ・ロックマウンテンチーズバーガー」だった。直訳すると「岩山のチーズバーガー」。そのビジュアルにぐいと体ごと持って行かれた。巨大なバンズからはみ出るように巨大な粗挽きパテと角切りベーコン、それにサニーレタスなど「これでもか」とテンコ盛り状態。どろりとチーズが溶岩のように流れかかっている。うむ、と唸らされるビジュアル。しかも「夏限定」と表記されていた。

これは入るっきゃない。「ベッカーズ」は首都圏を中心に17店舗。ハンバーガーの専門カフェだが、調べてみると、親会社はJR東日本フードビジネス。バンズ(丸パン)もパテ(牛挽き肉)も店で焼くというのが売りで、「BECK’Sコーヒーショップ」をより専門的にパワーアップしたイメージ。
              ベッカーズ② 
              天国か?

以前、中身のあまりの薄さに失望させられたおむすび専門店も同じ親会社なので、また失望するかもしれない。そう思いながら、「岩山チーズバーガー」を注文し、ホットコーヒー(240円)も頼んだ。愛らしい女性スタッフ(多分バイト)が「8分ほどお時間を頂きますが、よろしいでしょうか?」。よろしい、よろしい、体ごとよろしい。何故かあみんの「待つわ」が頭の中で流れている。

約10分ほどで、「ザ・ロックマウンテンチーズバーガー」(690円=税込み)がやってきた。そのボリュームと迫力が写真とほとんど同じだった。第一関門突破。バンズはひと回りデカいし、そこからはみ出るような、巨大な粗挽きパテ、角切りベーコン、溶岩のようなチーズ、サニーレタス、ソース・・・690円という価格がむしろリーズナブルに感じる。焼きたてのいい匂いが、やや反則気味に立ち上がってくる。
              ベッカーズ③ 
              むむ・・・ド迫力

ギュッと潰してから、ガブリと行く。ブラックペッパーが点々とするパテは厚さが優に1センチほど、多分アメリカ産ビーフ、それに角切りベーコンはゴロッとしたのが4個ほど、ジャガイモ、玉ネギ、サニーレタスなどがどろりとしたチーズとバーベキューソースと混然一体となって、口中に広がった。ホワイトスースも混じっている。濃厚で複雑な旨味。スパイシー。体にいいのかどうか、そんなことを考えさせないほどの圧倒的な高カロリー感。
              ベッカーズ⑥ 
              ロックやでえ
              ベッカーズ⑤ 
              バンズのデカさ
              ベッカーズ⑦ 
              ドヤ顔?

バンズも酒種で発酵させているようで、思ったよりも柔らかいし、ベースのパテもビーフ感がほどよくあり、全体的に素材は80点が着ぶくれして勢ぞろいしている感じ。角切りベーコンも効いている。人生に疲れたときに食べると一瞬だけ元気が出そうな味で、チーズがアメリカのコルビージャックチーズ(2色のチーズ)というのも、ポリシーが一貫している。これは本場アメリカのハンバーガーに近い。TPPの先取りバーガーではないか? 
              ベッカーズ10 
              アメリカ顔?
              ベッカーズ3  
              パテもデカい

直接は関係ないが、なでしこジャパンの決勝戦の相手はまたもアメリカ。なでしこジャパンはこんなロックバーガー娘たちを相手にするのか。そう思うと、パワー勝負ではとてもかなわない。組織プレーと粘りで頑張るしかない。村長は目の前の岩山バーガーをきれいに平らげてから、なでしこが延長戦の末、最後に笑うシーンを思い描くのだった・・・あらら、こんな結末でいいのかしら。

本日の大金言。

ハンバーガーはジャンクフードと紙一重かもしれない。体によくないけど、どうにも止まらない。行き先は体に聞いてくれ、食生活においてはそんなアメリカの日がたまにある。アベの日と置き換えてもいい。




                          ベッカーズ11 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR