鬼平の「和風冷やし麺」

 ゴッドマザーのお見舞いが長引いたため、東北道で帰ることにした。すでに陽は落ちている。途中の羽生パーキング「鬼平江戸処」で夕飯を取ることにした。久しぶりの寄り道。池波正太郎「鬼平犯科帳」の世界を再現した江戸の街並み。池波正太郎が生きていたら、多分、「勝手なことしやがって・・・おいらには関係ねえよ」と言うのではないか。
              羽生PA 
         タイムスリップ・・・鬼平の世界(羽生PA)

とはいえ、値段がやや高めなことを除けば、エンターテインメントに徹した楽しいパーキングではある。「五鉄」「本所さなだや」「うなぎ忠八」「万七」など鬼平の世界が並ぶ。その中の一軒「弁多津(べんたつ)」が今回のターゲット。鬼平犯科帳の中ではのっぺい汁が旨い小料理屋として登場するが、ここはなぜか中華屋である。
             羽生PA①  
             弁多津

池波正太郎がよく通った洋食屋「日本橋たいめいけん」監修の店で、村長はその日本橋たいめいけんの中華そばを食べ、感動したことがある。特に紅で縁どりされたチャーシューに見入ったことを覚えている。味もひと味違った。

村長は券売機で「和風冷やし麺」(税込み770円)を選んだ。やはりチャーシューの縁が紅で縁どりされていたからでもある。村民2号は「中華そば」(同670円)をしっかり選んでいる。

パーキングの食堂やレストランはそれなりが多く、「当たり」に当たることは少ない。10分ほどでブザーが鳴り、「和風冷やし麺」が出来上がったことを知らせてくれる。ひと目見ただけで、思ったより手抜きがないことがわかった。中華そばも見た目は悪くない。日本橋たいめいけんとよく似てはいるが、微妙に違う。
              羽生PA③ 
          意外?見事な和風冷やし麺
              羽生PA② 
              中華そば

「和風冷やし麺」は白髪ねぎが山になっていて、糸唐辛子もパラパラとかかっていた。チャーシューは大きめで、紅の色がやや薄いものの、食感は日本橋たいめいけんに近い。まずまずのレベル。シナチクが太くて柔らかい。いい出来。ゆで卵は完熟で、今どき流行の半熟でないことに好感。
              羽生PA⑨ 
              後ろからの眺め
              羽生PA10 
              コシのある細麺
              羽生PA⑥ 
              紅縁どりチャーシュー
               羽生PA⑧ 
              ゆで卵

麺はストレート細麺で、コシが強めなことがとてもいい。日本橋たいめいけんとほとんど同じ。タレは甘めの醤油ダレで、脂が少し浮いている。酢がきつくないのがいい。もう少し甘さを抑えた方が好みだが、まずまずの出来だと思う。

タレの端っこに不思議なものが乗っていた。これは何だろう?味見してみる。白ゴマと鰹節を甘めのコチジャンで固めて揚げたようなもの。これが意外に効いていて、味に変化を付けていた。マスタードが置いていないことなどいくつか不満はあるが、全体として、予想を超える旨さ。白髪ねぎの鮮度もいい。
              羽生Pa11 
              謎の調味料

「中華そばも悪くないわよ。もっとも私は太麺の方が好きだから、この細麺は村長が言うほどではないな」
「東京ラーメンは細麺が定番なの。今度は日本橋たいめいけんに連れてってやるしかないな」

「それじゃあ、池波正太郎のように2階で食べたいわ。ビーフシチューとかカニクリームコロッケとか」
「1階の安めの中華そば。それが通なんだよ、ムフフ」
「説得力がないわよ。お金がないってはっきり言えばいいのに。見栄張っちゃって」
「久栄はいずこぞ・・・」

本日の大金言。

池波正太郎のグルメ話は面白い。藤沢周平もそうだが、時代小説作家の作品の中に登場する料理の見事な描写は、その作家の食歴が反映している。そういえば司馬遼太郎の食事シーンは印象に残らない。その対比も面白い。





                          羽生PA12
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR