「静岡おでん」と黒ムツの夜

 東海道五十三次の府中宿(静岡市)でワラジを脱ぐことにした。一日中歩きづめで足が悲鳴を上げている。これには訳がある。思い立って、あんこを求めて三千里の旅を決行することにしたのである。といっても今回はほんの小手調べ。第一そんなことできるかどうかもわからない。で、とりあえず駕籠かきに飛び乗った。個人的にはポエムである。

そのついでに炉端焼きで夕飯を食べることにした。朝からどら焼き、豆大福、まんじゅうを食べまくっていたので、甘味中毒者とはいえ、さすがに頭がボーっとし、胃袋もダウン寸前だった。安ホテルにリュックを置き、南町を歩き回る。静岡市は魚が旨いのはもちろんだが、「やっぱり静岡に来たらおでんも食わなきゃ」(静岡の友人)とのこと。
              カンカン酒場① 
              いい居酒屋と出会った

その両方が楽しめる炉端焼き屋「カンカン酒場本店」の暖簾をくぐることにしたのだ。これが海の匂いのするいい居酒屋だった。まずは生ビール(中480円)を頼んでから、静岡おでんをゆっくりと吟味。牛すじ(90円)、大根90円、そして本命のイワシの黒はんぺん(120円)を頼んだ。
              カンカン酒場11 
              魚介類とおでん
              カンカン酒場② 
              静岡おでん
              カンカン酒場③ 
              近海ものが狙い目

さらに黒板に書いてある「今が旬」の魚の中から「黒ムツ刺身」(780円)も追加する。近くの用宗港で水揚げされたもの。高級魚黒ムツの刺身が780円というのは安い。砂糖漬けになった体をリセットするにはいい選択だと自画自賛する。ふっふっふ。

静岡おでんは関東とも関西とも違うおでんで、ツユが黒っぽくかなり濃い。関東風のように見えるが、醤油の他に味噌も加える店もある。串に刺してあることと上から鰹節と青のりが盛大にかかっているのが特徴。まずは大根をがぶり。柔らかすぎず固すぎず。ツユは色が濃い割には穏やかな味わいでじわりと胃袋に滲み込む。
              カンカン酒場⑤ 
              まいど~
              カンカン酒場1  
              これやこれやで~
              カンカン酒場5 
              黒はんぺんと削り節

牛すじは関西だが、静岡おでんの定番でもある。コリコリしていて意外に美味。主役の黒はんぺん(イワシ)は素朴に旨い。ツユの浸みこみ加減、鰹節と青のりがその素朴にさらに奥行きを与えている。海の凝縮。関西ほど洗練されていず、関東ほどつっけんどんではない。第三のいいとこ取りおでんでもある。生ビールを流し込むと、人生は素晴らしい、と思いたくなる。

黒ムツの刺身は脂の乗った桜色で、特製醤油とともに口中に入れると、柔らかい弾力が「およしになってえ~」と身もだえするよう。鮮度のよさと甘みが同時に広がる。驚いたのは本ワサビが一本付いていたこと。女性スタッフに聞くと「静岡産ワサビ」だそうで、慣れないとすりおろすのに手間がかかる。だが、その頭頂に抜けるさわやかな辛みと香りは本ワサビならではのもの。
              カンカン酒場⑨ 
              黒ムツ刺身の美味
              カンカン酒場⑦ 
              本ワサビであります
              カンカン酒場⑧ 
              うううう~ワン!

生ビールをお代わりし、さらにおでんの鶏だんご(120円)と玉子(90円)を追加する。鶏だんごが絶品だった。客がどんどん増えている。中国人らしいグループもいる。日本の味に中国人も気づき始めたことを実感する。頭の中はあんこの旅、胃袋には静岡おでん。舌も人生も確かに不条理である。

本日の大金言。

静岡(駿府)は徳川家康の街。ここから江戸時代が始まり、その平和は265年続いた。国会と政治家の劣化を見るにつけ、徳川家康のような人物がいないことの現実を噛みしめる。牛すじも噛みしめる。



                          カンカン酒場10
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR