谷中名物?380円肉厚カツ丼の味

 東京・谷中のパン屋「ラ・スール・リマーレ」でチョコパンコロネを買おうと思ったら、あいにく休みだった。目の前からチョコクリームのどっさり詰まった絶品コロネが羽根をはやして飛んで行った。ツイテねえ。人生の半分を損した気持ち。仕方なく谷中銀座方面へと歩く。すると、すぐ入り口のあたりで、「谷中名物 肉厚カツ丼 380円(税込み)」と書かれたピンク色の幟(のぼり)が見えた。外人観光客がたむろしていた。うむ。
              トーホー 
              ん? 外人も立ち止まる

380円だとお? 目をこすっても830円の間違いではなかった。「手づくりのおかず お弁当 トーホー」という店名で、おばちゃん二人が下町の明るさで客をさばいていた。谷中人気が高まるにつれ、観光客が押し寄せ、どこかの観光地みたいな店が増えている。今では玉石混交の街。
              トーホー① 
              おかずと弁当の店
              トーホー② 
           数量限定、当たりかハズレか?

「これ、二つちょーだい」
残り2個となっていた「肉厚カツ丼」を買おうとしたら、おばちゃんが「ちょっと待ってね、すぐ新しいのができるから。出来立ての方がいいでしょ?」。うむ。谷中の下町気風はちゃんと生きている。これが予想よりも二倍以上旨かった。

ウマズイめんくい村に持ち帰ってから、賞味することに。村民2号がお茶を入れる。村長は日本酒を出す。380円とは思えない大きなプラスチックのドンブリ。フタを取ると、大きな豚カツが横たわり、それが5切れ。それに卵が雲海のようにかかっていた。卵の量も1.5個分はありそう。その下に飴色のタマネギ。いい匂いが立ち上っている。ボリューム感。
              トーホー③ 
              至福の時間
              トーホー④ 
              本格的カツ丼!

添加物を感じさせない自然なカツ丼で、言われなければこれが380円とはとても思えない。主役の豚カツをまずは口中へ。コロモがしっかり付いていて、肉の厚さは7~8ミリほど。肉厚というからには1センチは欲しいところだが、値段を考えると、そうぜい沢は言えない。それ以上に、味付けが穏やかで、薄味に仕上げていることに好感。本格的なカツ丼!
              トーホー⑥ 
              肉厚とコロモの関係
              トーホー⑦ 
              380円ってホント?
              トーホー⑧ 
              なめんなよ
              トーホー⑨ 
             ボリュームと満足感 

肉自体はフツーに柔らかい。ご飯もフツーの旨さだが、タレのかかり具合がちょうどいい。味といいボリュームといい、これだけのものが380円ということに驚く。辛口の村民2号も「値段が値段だし、スーパーのカツ丼程度と思っていたけど、これは当たりだわ」と舌を巻いた。

後日、村長は店に電話取材してみた。
「豚肉は外国産でしょ?」
「いえ、国産豚です。でも冷凍を使ってますよ」
「よくこの内容で380円でやってますね」
「まあ目玉なので、儲けというよりもサービスでやってるんですよ」

店はオープンして19年になるそう。谷中に住んでいた古今亭志ん生がもし生きていたら、酒のツマミに買いに来ていたかもしれない。そう思うと、ふふふと笑いたくなるのだった。

本日の大金言。

秋はカツ丼が旨い。高くて旨いは当たり前、安くて旨い店を探すことこそ、B級グルメの楽しみ。まさか谷中に宝石が転がっているとは。


                            トーホー10 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR