「瀬音の湯」でカキフライ宴会

 東京・三鷹時代のマッドな友人たちと紅葉を楽しみながら秋川渓谷で芋煮会とシャレ込むつもりだった。総勢15人ほど。だが、あいにくの雨・・・と思いきや、すご腕幹事の手配に抜かりはない。場所を「瀬音の湯」に切り替えた。武蔵五日市駅から路線バスで10分ほど。正午前に「瀬音の湯」に到着。これがスーパーな温泉施設だった。3時間900円ナリ。時間オーバーはプラス料金を取られる。
              瀬音の湯① 
              「瀬音の湯」に到着
              瀬音の湯1 
              これはええのう

紅葉を眺めながら、露天風呂を楽しむ。泉質はアルカリ性単純泉だが、アルカリ度が強く、つるつるした源泉で、予想以上に身体が癒される。和風レストランが混み合っていたので、空席が出るまで、待合ホールでビールを飲み始める。底なしが揃っているため、どんどんビールの栓が抜かれ、和風レストラン「川霧」の席が用意された時にはすでに半分以上がほろ酔い状態。
              瀬音の湯② 
              どれどれ

ここで食べた「牡蠣(かき)フライ膳」(税込み880円)が予想よりも旨かった。一品料理が少ないため、定食のおかずを酒の肴にする作戦。クールである。全面ガラス張りの向こうに紅葉が見える。霧がかかっていて、それが幻想的で実にいい。ビールから焼酎、地酒に切り替え、牡蠣フライをつつく。一人前5個。カラッと揚げられていて、和辛子を付け、ソースで食べる。海のミルクが口中でとろける。女性スタッフに聞くと「広島産の牡蠣です」とか。
              瀬音の湯③ 
              カキフライ膳
              瀬音の湯⑤ 
              やっぱ辛子だべ
              瀬音の湯⑦ 
              海のミルク
              瀬音の湯4 
              天国に近い?

「天ぷら膳」(同1600円)も大ぶりの海老3本、茄子(なす)など盛りだくさんで悪くない味わい。食通のやり手オヤジが「漬け物が旨いな。山ゴボウがいい」と妙なところに感心している。確かにその山ゴボウは旨かった。女性陣は「ご飯が旨いわ。こういうところで食べるから旨いのかもね」。店のスタッフに聞くと、宮城産のブランド米「志波姫」を使用しているそう。
              瀬音の湯3 
               天ぷら膳

「瀬音の湯」はあきる野市が25億円もの巨額の資金(ほとんど借金らしい)を使って、平成19年(2007年)4月にオープンしている。第三セクター方式で運営しているため、スタッフの対応はどこか牧歌的。ちぐはぐな対応もあるが、それを含めて、かような場所にかような温泉施設があることは有り難い。
              瀬音の湯⑧ 
              幻想的やでェ

宴会は談論風発、鯨飲馬食、時々脱線しながら、二次会、三次会と流れて行った。拝島駅そばの「庄屋」を出たときはすでにすっかり日が落ちていた。「今のところ、行方不明者なし。全員無事。よかった、よかった」誰かが言った。「いや、まだわからん。これから、これから」千鳥足で、中央線に乗る。気がついたら数人ほど消えていた。いずこへ?

本日の大金言。

紅葉を眺めながらの露天風呂と地酒。そこにちょっとした料理があれば、そこは極楽になる。一年に一度の天国旅行も悪くない。



                            瀬音の湯⑨
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR