ビッグブラザーより自家製あんこ作り

 2015年(平成27年)も残すところ1日半となった。ニュースを見ていると、自分の感覚がかなり麻痺していることに驚く。32インチの画面から、世界で起きていることがほとんどリアルタイムで垂れ流されてくる。コメンテーターと称する、よく考えると身元不詳のタレント(だと思う)が訳知り顔でコメントする。それを毎日見ていると、気づかないところで、最も根本的な何かがズレテきているのではないか? 世界中の混乱がズレた感覚の上に成り立っているとしたら、それは狂気の芽になり、やがて・・・それはひょっとしてジョージ・オーウェルの世界に近いかもしれないぞ。

村長はテレビを止め、パソコンを止め、携帯の電源を切り、日がな一日あんこ作りに励むことにした。ビッグブラザーから逃れるためにはこれしかないなどと。村長にとって、あんこは原点に近い。あんこがある種の生活の基準になっている。そのあんこ生活の一端を今回そっと公開したいと思う。だからなんだってか?
              あんこ作り① 
              あんこ作り開始!

生活クラブから購入した小豆「北海道十勝士幌町産」(500グラム)と上白糖(500グラム)を用意。深鍋とザル、それに木べらも揃えておく。まずは小豆を軽く水洗いし、深鍋に入れ、水をたっぷり張って、強火にする。ぐつぐつ煮立ったら、中火にして10分ほど煮る。小豆は事前に一晩水に漬けた方がいいという人もいるが、村長はそのやり方を取らない。
              あんこ作り③ 
              10分ぐつぐつ

次は渋切り。煮立った小豆と煮汁をそのままザルに上げて、水でざっくりと洗う。それを深鍋に入れ、新しくたっぷりと水を張り、弱火で再び煮込む。小豆がゆるやかに踊るほどのトロ火がベスト。新豆なら1時間が一つの目安だが、今回は小豆が固めだったので、1時間半ほど煮込んだ。その間、アクが出るので、小まめに取り除く。
              あんこ作り④ 
              渋切りです
              あんこ作り⑤ 
              水で洗う
              あんこ作り⑧ 
           アクを取りながら再び煮る

小豆と会話しながら、例えば「もうそろそろかい?」とか「どんどんきれいになっていくね」とか。アホか? 2、3粒取ってみて、指で潰してみる。簡単に潰れるくらいになったら、いい頃合い。砂糖を半分ほど加え、さらに10分ほどトロトロと煮込む。具合を見て、お湯を足してもいい。残りの砂糖を入れ、さらに煮込んでいく。塩を少々加え、味を調え、あんこがどろりとしてきたら火を止めて出来上がり。
              あんこ作り⑨ 
         柔らかくなったら砂糖を半分ほど
              あんこ作り13 
          残りの砂糖でさらに煮込む
              あんこ作り15 
              完成です

しばらくそのままにして置いて、余熱を取る。すっかり冷めたら、冷蔵庫で保存する。あんこ作りは人によって様々な作り方があり、それぞれの秘伝もある。今回の方法は村長のテイク1の作り方で、手間ひまも思ったほどはかからない。2時間ほど鍋の前から離れないことが肝心。2時間の甘い辛抱。

砂糖はグラニュー糖でもいいが、上白糖の方が甘みがこってりと仕上がる。淡泊な味が好みの人はグラニュー糖がいいと思う。小豆の量と砂糖の量は同量というのが基本だが、村長は少し砂糖を少なめにする。甘さ控えめの方が好み。水飴や本みりんを入れる人もいるが、風味が少し変わるので、村長は敬遠している。
              あんこ作り④ 
              あんこモーニング!
              あんこ作り⑤  
              格別の味わい
              あんこ作り⑥ 
              残りの人生

翌日、つまり本日の朝食。冷蔵庫に入れておいた出来立てのあんこで、食パンを食べる。イトーヨーカ堂久喜店「むぎのいえ」で買ってきた「全粒粉食パン」(6枚入り税込み258円)に牛乳とドリップコーヒー。マーガリンを塗り、ほどよい柔らかさに仕上がったあんこをたっぷりと乗せる。味はどうかって? ビッグブラザーに知られると怖いので、その答えはぜひ皆さんの手でひそかに味わってほしい。1984・・・じゃなかった2016年まで残り1日半。とりあえず良いお年を!

本日の大金言。

手ざわりの感覚は大事だと思う。頭でばかり考えるよりも、とりあえず手足を動かしてみる。そこで得た情報こそがささやかな血肉となる。たとえ明日世界がおかしくなっても、りんごの種はどこかにある? テレビの向こうのビッグブラザーにご用心。
 

                          あんこ作り⑨
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR